東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > JA茨城旭村<オトメメロン>試食宣伝会
トピックス一覧

2017年4月15日
JA茨城旭村<オトメメロン>試食宣伝会
〜春メロンの一番手 もうすぐピークを迎えます〜

 

オトメメロンの試食宣伝会も大盛況のうちに終了し、JA茨城旭村の春メロンは幸先の良いスタートを切りました。関係者が揃っての記念撮影となりました。後方左より白田専務、皆藤組合長、長洲メロン部会長、営農販売課の須賀野課長と野原さん。前列左より女性部の大内さん、同JA米川さん、弊社メロン販売担当の伊藤。JA茨城旭村の春メロンをよろしくお願いします
オトメメロンの試食宣伝会も大盛況のうちに終了し、JA茨城旭村の春メロンは幸先の良いスタートを切りました。

関係者が揃っての記念撮影となりました。後方左より白田専務、皆藤組合長、長洲メロン部会長、営農販売課の須賀野課長と野原さん。前列左より女性部の大内さん、同JA米川さん、弊社メロン販売担当の伊藤。

 

 4月15日(土)、東京青果卸売場にてJA茨城旭村<オトメメロン>試食宣伝会が開催されました。

 本日は同JAの春メロンシーズン初めての試食宣伝会とあって、皆藤組合長をはじめ産地関係者が来場し、オトメメロンの仕上がりの良さをアピールしました。

 オトメメロンは春メロン販売のトップバッターとなる商材であり、お客様の注目度は非常に高く、試食会場にはたくさんのお客様が足を運んで下さいました。

 

 

会場風景

 

 

 

みずみずしいホワイトグリーンの果肉。オトメメロンはジューシーですっきりした甘さが特徴です。
みずみずしいホワイトグリーンの果肉。オトメメロンはジューシーですっきりした甘さが特徴です。
ラップをはずしていよいよ試食開始。2Lサイズを試食品に提供しました。大ぶりのカットは食べ応えも充分。
ラップをはずしていよいよ試食開始。2Lサイズを試食品に提供しました。大ぶりのカットは食べ応えも充分。

 

同JAのオトメメロンは前年より5日ほど早く、大田市場での販売が始まりました。すでに取り扱っているお客様もいらっしゃいますが、「味が気になっていたよ」「今年の仕上がりはどう?」と試食開始と同時に次々とお客様が試食コーナーに集まってきました。

 

メロンを頬張りながら「今年も出来が良いね」「水が欲しいくらい甘いね」と評判は上々。「美味しいからまた来たよ」というリピーターも何人かおり、産地関係者の顔もほころんでいました


【画像左】美味しさ二重丸≠ニお褒めの言葉をいただきました。

旭村にメロンを見に行ったことがあるというお客様と長洲メロン部会長と会話が弾みます。 皆藤組合長は試食コーナーから離れた卸売場所まで足を延ばし、お客様に試食をおすすめします。
旭村にメロンを見に行ったことがあるというお客様と長洲メロン部会長と会話が弾みます。
皆藤組合長は試食コーナーから離れた卸売場まで足を延ばし、お客様に試食をおすすめします。

夜明け前に産地を出発し、試食用にメロン30玉をカットして下さったお二人に対し、担当者の伊藤も「頑張って販売します」と応えます。
夜明け前に産地を出発し、試食用にメロン30玉をカットして下さったお二人に対し、担当者の伊藤も「頑張って販売します」と応えます。

 

商品情報

 

商品名 オトメメロン
出荷者

JA茨城旭村

主な出回り期間 4月上旬〜5月中旬
荷姿
5sダンボール 6玉・5玉中心
商品説明


JA茨城旭村のメロンは愛されつづけて50年
【画像をクリックするとメロン部会のHPが開きます】

 

営農販売課 野原さん

営農販売課 野原さん

JA茨城旭村のメロンは光センサー選果で見える甘さ!
JA茨城旭村のメロンは光センサー選果で見える甘さ!

 

 本年の生産概況について、JA茨城旭村営農販売課の野原さんは「本年産のオトメメロンの面積は前年並みです。定植後の気温高により生育が進み、出荷ペースは例年より早まっています。昨今の低温の影響もあり現状の肥大はやや小玉傾向ですが、今後の玉流れはLA中心の2Lサイズと平年並みと見込まれます。ピークは例年通り4月下旬〜連休明け頃となります」とお話し下さいました。

 オトメメロンに続いて「アンデスメロンの出荷は5月上旬〜6月10日頃まで、ピークは5月中旬となるでしょう。クインシーメロンの出荷は5月中旬〜6月20日頃まで、ピークは6月中旬と予想しています」(野原さん談)

  

皆藤組合長と弊社泉常務

皆藤組合長と弊社泉常務

 

 

  • 果実第4事業部 担当:伊藤
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ