東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > 商品紹介 > 野菜 > フルーツトマト『北の極(きわみ)』
野菜
フルーツトマト『北の極(きわみ)』
産地:北海道
出荷者:アグリトライビジネス
入荷期間:6月中旬〜11月中旬頃
荷姿:DB1kg
担当:野菜第2事業部 臼井

 

商品の特徴など

 

 

美味しさのヒミツは「寒暖差」

 

『北の極(きわみ)』トマトが生育される北海道下川町は、北緯44度に位置し、夏は30度以上・冬は-30度以下となる年間を通しての寒暖差が60度以上もある地域です。甘くて美味しいトマトを作るためには寒暖差は非常に重要なポイントです。これからの季節、日中に30度を超えても、夜中は20度を下回ることもあり、この寒暖差のある環境が美味しいフルーツトマト作りに適しています。

 


品種は桃太郎・りんかを栽培しています。

 

北海道ならではの寒暖差のある環境下で育った、甘味もしっかりありつつ、暑い時期にぴったりの程よい酸味もあるフルーツトマトです。旬になると、糖度が10度前後にも上ります。『北の極』は、養液栽培でしっかりと管理され、土も使用することでトマト本来の旨味も味わうことができます。

 

選ぶときのポイント

ヘタまわりのベースグリーンが濃いものは、糖度が高く、味が濃い証拠です。また、上から見たときに星マークのような放状線がはっきりしているものは、果肉がしっかりしていてゼリーが少なめになっており、水分がしぼれていて糖度が高くなっています。


トマトを手に持ったときに、ずっしりとしているものは中身がぎゅっと詰まっていて味わい深いです。

トマトそのままの味を楽しんで頂きたいので、カプレーゼやサラダ等の生食がおすすめです。なかでも、ドレッシングを使わず、塩・胡椒・オリーブオイルで頂くのがおすすめです。


 

現在、悪天候のため出荷は遅れ気味ですが、着果状況は良好です。

現在、悪天候のため出荷は遅れ気味ですが、着果状況は良好です。

 

ぜひ、美味しいトマトを探してご賞味ください。

 

 

夏の一大フルーツトマト『北の極み』、美味しいのでぜひ店頭で探して下さい!!!(写真は入社3年目の藤田と新入社員の木元)

夏の一大フルーツトマト『北の極』、美味しいのでぜひ店頭で探して下さい!!!(写真は入社3年目の藤田と新入社員の木元)

 

産地カレンダーリンク

 

ホームへ戻る
ページトップへ