東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > 商品紹介 > 野菜 > 香川県産ロメインレタス
野菜
香川県産ロメインレタス
産地:香川県
出荷者:JA香川県大野原集荷場
入荷期間:11月〜4月中旬
中心階級:AL12株入
担当:野菜第1事業部 毛塚

 

商品の特徴など


ロメインレタスといえばシーザーサラダ

ロメインレタスと言えばシーザーサラダが思い浮かびます。
そのシーザーサラダにはこのロメインレタスが無くてはならない野菜とされています。シーザーサラダは1924年アメリカで、イタリア系移民の料理人シーザー(チェザーレ)・カルディーニ(Caesar Cardini)によって調理されたのが最初とされ、彼の名前及び店名にちなんでシーザーサラダと呼ばれるようになりました。

 


ロメインレタスは、外葉が深い緑色の部分には、かすかな苦みがあり、内葉は淡い緑色で甘味を持ち、葉先はやわらかく、葉脈はシャキシャキとした食感をたのしめるなど、部位により食味が異なります。

 

 

選び方&保存方法

選び方としては根元の切り口が小さいもので、持った時に全体的に柔らかく、締まりが良く、重みがあるものを選んでください。切り口が赤くなっているのは収穫から日にちが経っている場合が多いので、避けた方が良いでしょう。

保存は、冷蔵庫に入れていても傷がついたり乾燥すると劣化してしまうため、なるべく1-2日中に食べきるのが好ましいです。
どうしても保存が必要な場合は、大きめの密閉容器に、湿らせたペーパータオルに包んだロメインレタスを入れてふたをします。この方法は4-5日は新鮮な状態が保てます。

 

”らりるれロメインレタス”
名前がとても印象的です。
画像をクリックするとPOPが開きます。販売にお役立てください。

 


 

 

サラダはもちろんですが、加熱してもシャキシャキとした食感が残りますので、炒め物や煮込み料理、お浸しなどにも向いていますよ!(写真は新入社員の山本)

 

産地カレンダーリンク

 

ホームへ戻る
ページトップへ