東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > 商品紹介 > 野菜 > JAとぴあ浜松『セルリー』
野菜
JAとぴあ浜松『セルリー』
産地:静岡県
出荷者:JAとぴあ浜松
入荷期間:11月上旬〜6月上旬
中心階級:2L5株
担当:野菜第1事業部 酒井

 

商品の特徴など


冬セルリーの最大産地

JAとぴあ浜松はシーズン53万ケースの出荷を誇る冬のセルリー最大産地です。
”コーネル619”という品種を使い、誰でも安心して生食でも加熱しても美味しく食べられるのが特徴です。

 


JAとぴあ浜松のセルリーは”しずおか食セレクション”という静岡県独自認定基準をクリアしています。

 

選び方&保存方法

 

 

<選び方>
@香りが強く、葉が青々としていて、パリっとしたもの。
A茎は太く丸みがあって、内側のくぼみが狭いもの。
B縦のすじがはっきりして、でこぼこするくらいのもの。

<おいしさをキープする保存のしかた>
葉の部分から水分が失われやすいので、葉と茎は切り離して保存します。それぞれビニール袋に入れ、立てた状態で冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

 

部位別下ごしらえのコツ

葉や上部の細い茎香りが強いので、肉や魚のくさみ消しや、煮込み料理の香りづけに活用するのもおススメです。

<葉の部分>
香りがよく出るようにせん切りにし、塩、こしょう、酒などと一緒に、肉や魚に漬け込み、下味をつけるのに使います。


<細い茎>
包丁でつぶし、そのまま、またはほかの香草と一緒にブーケガルニ(香草類を数種類束ねたもの)として、 煮込み料理に入れましょう。


 

 

 今は二期作目の出荷ピークとなっております、是非ともご賞味ください!(写真は入社2年目の馬場)

 

産地カレンダーリンク

 

ホームへ戻る
ページトップへ