東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > 商品紹介 > 野菜 > 各産地の『なめこ』
野菜
各産地の『なめこ』

産地:岩手・宮城・秋田・山形・福島・群馬・新潟・長野県
出荷者:下表参照

中心荷姿・入り数:100g 40入
入荷期間:周年
担当:野菜第5事業部 渡邉

 

商品の特徴など

 

独特の食感が美味しい『なめこ』

『なめこ』はツルっとしたヌメリが特徴のキノコです。

天然物と栽培物があり、天然物は全国のブナやナラなどの広葉樹があるところで、枯れ木や切り株に固まって生えます

栽培物は菌床栽培されたものがほとんどで、年間を通して食べられるのが特徴です。


 

 

産地
出荷者
岩手
岩手中央農協矢巾
宮城

どんぐり農園

秋田
秋田ふるさと
山形
もがみ中央農協
福島
鈴木農園
群馬
多野藤岡農協吉井
新潟

津南町農林組合

長野
全農長野

 

 

おすすめの調理法と保存方法

●選ぶポイント

全体的にツヤがあり、 肉厚でカサの粒の大きさがなるべく揃っているものを選びましょう。

袋入りのものは、袋が膨張していない方が新鮮です。


保存方法

『なめこ』は野菜室ではなく冷蔵庫に入れましょう。 痛みやすいのでなるべく早めに食べて下さい。

若干味は落ちますが、長期保存したい場合は冷凍することが出来ます。

『足付きなめこ』の場合は石づきからハサミなどでバラバラに切り離し、 良く水洗いをしてすぐに使えるような状態で密封袋に入れます。出来るだけ空気を抜いて冷凍しましょう。

袋入りのものならそのままで冷凍保存出来ます。


●調理のポイント
お味噌汁や鍋物、和え物や天ぷらなど、様々な食べ方ができます。

特に『なめこ』をだし醤油で炒め煮し、ねぎと一味を加えて作る「南蛮なめこ」と、

片栗粉の代わりに『なめこ』を入れて作る「麻婆なめこ」がおすすめです。


 

 

 

 

 

これからの季節にもぴったりの『なめこ』を、どうぞ宜しくお願いします!(写真は左から新入社員の中原と、担当セリ人の渡邉)

 

 

 

ホームへ戻る
ページトップへ