東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > JA富里市すいかトップセールス
トピックス一覧

2017年5月19日
JA富里市すいかトップセールス
〜富里すいかは今年も全力で駆け抜けます!〜

 

JA富里市西瓜部会の皆様と販売担当高木

JA富里市西瓜部会の皆様と販売担当高木

 

 5月19日(金曜日)千葉県JA富里市すいかトップセールスが開催されました。産地からはJA富里市根本実代表理事組合長、すいか部杉本好一部長はじめ、生産者・関係者の皆様が来場され、富里すいかキャラクター『とみちゃん』と一緒に富里すいかをアピールしました。


代表者のご挨拶

 

御挨拶頂いた産地代表者
JA富里市すいか部 杉本 好一部長
JA富里市 根本 実代表理事組合長

 

JA富里市 杉本部長

富里すいか部会として、ここ4〜5年目標を2つ掲げています。1つは摘果、適熟収穫そして収穫後の早期出荷です。すいかは甘くてなんぼ、美味しくてなんぼではなく、収穫から糖度・香り・歯ごたえ・甘味・色を生産者200名で検討して出荷をしています。2つは7月の品種において気温、暑さに負けない品種で内容重視の出荷を目指しています。富里のすいかのご購入を宜しくお願い致します。
   


JA富里市 根本組合長

すいかの名産地はいろいろありますが、富里が名産地だと思っています。今年も富里すいか祭りやロードレースが開催されます。また、6月18日には品評会を開催し、翌日19日には大田市場で品評会のすいかを販売致します。是非お取り扱いのほど、宜しくお願い致します。


試食会場

 

試食会場では富里すいかの仕上がりを確かめようとお客様が多く足をお運びくださいました。また、6月25日に開催される富里すいかロードレースに弊社マラソン部が初めて参加するため、根本組合長からマラソン部員に激励の言葉を頂く場面もありました。

 

お客様 試食風景
前日までの肌寒い天気から一転し今日はすいか日和の晴天。試食会場には大勢のお客様が富里すいかの仕上がりを確認しようと足をお運びくださいました。

 

すいかの販促グッズうちわと色とりどりののぼり。リーフレットには播種から収穫までの作業工程からすいかの切り方、レシピまで情報満載。

 

弊社マラソン部も今年初めて富里すいかロードレースに参加します!
弊社マラソン部も今年初めて富里すいかロードレースに参加します!

 

 

商品情報

 

商品
すいか
産地
千葉県
出荷者
JA富里市
出回り時期
5月中旬〜7月

 

 

カットすいか
適期適熟収穫を徹底した富里のすいか

 

本年の作柄について、杉本部長は「本年度の栽培面積は140haと10ha減ですが、生育は順調です。現在は若干玉肥大が小さく収穫量も少ないですが、6月に入ると着果状態のいいものが多くなり、収穫量も増えます。品種は「春のだんらん」から「味きらら」、併用出荷で「紅大」があります。7月は種の少ない「ブラックジャック」になります。」とお話しくださいました。

 


根本組合長を中心に杉本部長と弊社泉常務

根本組合長を中心に杉本部長と弊社泉常務

 

  • 果実第3事業部 高木
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ