東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > JA鳥取中央すいかトップセールス【12日開催】
トピックス一覧

2017年6月13日
JA鳥取中央すいかトップセールス【12日開催】
〜鳥取県平井知事&石破議員が応援に駆けつけました〜

 

JA鳥取中央すいか販促ミッションの皆様
JA鳥取中央すいか販促ミッションの皆様

 

 6月12日(月)、卸売場では、鳥取県JA鳥取中央すいかトップセールスが開催されました。イベントを応援すべく、鳥取県平井知事をはじめ鳥取県選出石破茂議員、JA全農とっとり運営委員会福山巌会長、大栄すいか連絡協議会杉川将登会長、倉吉すいか生産部長田重博部長が来場され、試食イベントは大いに盛り上がりました。

 

 

代表者のご挨拶

 

 

ご挨拶いただいた産地代表者
鳥取県 平井伸治知事
JA全農とっとり運営委員会 福山巌会長
鳥取県選出 石破茂議員

 


鳥取県 平井知事
鳥取ではすいかを甘果(あまか)と呼んでいます。昨年10月に中部地震があり、年が明けて1〜2月と積雪がありましたが、すいかは栽培面積を増やしました。それは大田市場の皆様に美味しいすいかをお届けしたいからです。昨年以上に糖度があり大玉が揃っています。私達の思いを受け止めて頂ければ幸いです。どうぞお買い上げのほど宜しくお願い致します。
   

JA全農とっとり 福山委員長
鳥取のすいかのシーズンが来ました。今年鳥取は復興元年の年になります。地震と積雪の災害に見舞われましたが、すいかの面積を増やし、元気な農業を行いました。心を込めて昨年以上の美味しいすいかをお届けしますので農家の心意気を受け止めて頂きたいと思います。
   

石破議員
日頃鳥取県産青果物のお取り扱いにおいては格段のご配慮を頂きありがとうございます。鳥取は4〜6月においては日照時間が熊本よりあります。その中で大栄のすいかは糖度を計っているためバラツキが少なく皮が厚いため鮮度が保たれています。また倉吉のすいかは良いすいかを作るため圃場の維持を図り、連作もせず1果獲りをしています。鳥取のすいかのご購入を宜しくお願い致します。

 

 

会場風景

 

試食会場では、大栄すいか連絡協議会杉川会長と倉吉すいか生産部長田部長がお客様に向けひとことピーアールを行いました。

 

ひとことピーアール

大栄すいか連絡協議会
杉川会長

倉吉すいか生産部
長田部長

鳥取のすいかを愛して頂きありがとうございます。大栄すいかは旨くてデカイ!すいかです。今年も宜しくお願い致します。

倉吉のすいかは好天にも、中身にも恵まれました。糖度センサーが壊れたかと思うくらいに糖度が高いです。どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

一際目立つ鳥取すいかのポスターと顔シール。

一際目立つ鳥取すいかのポスターと顔シール。
大栄産、倉吉産のすいか、そして黒皮すいかのがぶりこが展示されました。

 

県職員近藤さん
県職員高橋さん
すいかの試食を提供する鳥取県職員の近藤さん(写真左)と高橋さん(写真右)
鳥取県わかとりメイツの御三方。
販売担当果実第2事業部平子マネージャー・内山(大栄)・神道(倉吉)
鳥取県わかとりメイツの御三方。
販売担当果実第2事業部平子マネージャー(大栄)・内山(倉吉)・神道

 

赤澤議員
平議員 今回のイベントには鳥取選出赤澤議員、東京都選出平議員も応援のお手伝いに来場されました。

 

商品情報

 

商品名 すいか
産地

JA全農とっとり

出回り期間

6月上旬〜7月中旬

主な荷姿

4L~Mサイズ:2玉入り S・2Sサイズ:4玉入り
特(11s/玉以上):1玉入り

 

大栄すいか
倉吉すいか
大栄すいか
倉吉すいか
黒皮すいかがぶりこ
黒皮すいかがぶりこ

 

 本年の作柄について倉吉すいか生産部長田部長は、「5月の天候に恵まれ生育は順調に来ています。内容はとてもよく糖度・品質・食味も満足して頂けると思います。出荷ピークは6月20日から月末で、肥大もよく3L〜4Lサイズが中心になります。販売は7月中旬までを予定しています。」とお話し下さいました。

 

 

  • 果実第2事業部 担当:平子・内山・神道
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ