東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 新潟県産『すいか』トップセールス
トピックス一覧

2017年6月27日
新潟県産『すいか』トップセールス

〜砂丘地栽培で育った高糖度とシャリ感が自慢のすいかです〜

JA新潟みらい、JA越後中央、JA全農にいがたの皆様と、金子恵美衆議院議員、弊社販売担当の佐藤
JA新潟みらい、JA越後中央、JA全農にいがたの皆様と、金子恵美衆議院議員、弊社販売担当の佐藤

 

 6月27日(火)、東京青果卸売場にて新潟県産『すいか』のトップセールスが開催されました。新潟県の日本海沿岸で栽培される『すいか』は高糖度とシャリ感に富んだ食感が特徴です。毎年6月末から7月の間に出荷されますが、シーズンの開始をピーアールするべくJA新潟みらい、JA越後中央、JA全農にいがたの皆様と新潟県選出の金子恵美衆議院議員が来場され、トップセールスイベントが行われました。

代表者のご挨拶

ご挨拶いただいた産地代表者
JA新潟みらい 梨本勉 経営管理委員会会長
金子恵美 衆議院議員

 

■JA新潟みらい 梨本勉 経営管理委員会会長

 新潟すいかの関東への出荷がいよいよ始まります。皆様にはたくさん食べていただきたいと思います。新潟では天候に恵まれ糖度の乗った品質の良いすいかがとれています。すいかはリコピンを含んだ健康と美容に良いと言われる食材であります。それも含めて消費の大きさに期待を込めて今年のすいかをどうぞ宜しくお願い申し上げます。


■金子恵美 衆議院議員

 大田市場で新潟のすいかをこのような形で紹介するのは初めてということで、なんとしても美味しさをお伝えしたく駆け付けました。仕事柄全国各地を飛び回り、夏には色々な産地のすいかを食べますが、新潟のすいかは格別です。そのシャリっとした歯ごたえとさわやかな甘さは夏にぴったりです。今年はより一層美味しくなっているので、ぜひ多くの皆様に「新潟の夏」を堪能していただきたいと思います。

梨本会長
梨本会長
 
金子議員
金子議員

  

会場風景

「新潟のすいかは格別です!」金子議員がお客様に試食を勧めます。
「新潟のすいかは格別です!」金子議員がお客様に試食を勧めます。
良い品質の指標である縞のコントラストが綺麗に出ています。
良い品質の指標である縞のコントラストが綺麗に出ています。
食べやすくカットしての提供。赤色が濃くて見るからに美味しそうです。
食べやすくカットしての提供。赤色が濃くて見るからに美味しそうです。
会場には新潟すいかのポスターが一面に貼られ、その存在を主張していました。
会場には新潟すいかのポスターが一面に貼られ、その存在を主張していました。
シャリ感があり甘さも充分。お客様が大勢集まり、会場は大盛況です。
シャリ感があり甘さも充分。お客様が大勢集まり、会場は大盛況です。
試食品が皆に行き渡るよう、すぐに補充します。
試食品が皆に行き渡るよう、すぐに補充します。
新潟のサッカーチーム「アルビレックス新潟」のうちわも配られました。
新潟のサッカーチーム「アルビレックス新潟」のうちわも配られました。

 

商品情報

商品名 すいか
産地 新潟県
出荷者

JA新潟みらい・JA越後中央

出回期間

6月末〜7月末

荷姿

ダンボール箱

4L 20kg / 3L 18kg / 2L 15kg / L 13kg


 本年の生産概況について、JA新潟みらい営農経済部の中野さんは「作付面積は微減です。生育は若干遅れがありますが寒暖の差があることで糖度は高く品質良く仕上がっています。7月いっぱいまで出荷はありますのでどうぞ宜しくお願い致します。」と、お話しくださいました。

 

  • 果実第2事業部 佐藤
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら

 

ホームへ戻る
ページトップへ