東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 佐賀県JAからつ“第11回ハウスみかん果実品評会”
トピックス一覧

2017年7月7日
佐賀県JAからつ“第11回ハウスみかん果実品評会”

〜唐津・玄海ブランド協議会 夏季トップセールス〜

 

唐津・玄海ブランド協議会の夏季トップセールスとしてJAからつハウスみかん果実品評会に来場された産地関係者の皆様。
唐津・玄海ブランド協議会の夏季トップセールスとして第11回JAからつハウスみかん果実品評会に来場された産地関係者の皆様。

 

 7月7日(金)、東京青果卸売り場の特設会場にて佐賀県JAからつ“第11回ハウスみかん果実品評会”が開催されました。唐津・玄海ブランド協議会の夏季トップセールスとして産地よりJAからつ堤武彦代表理事組合長(ブランド協議会会長)・唐津市峰達郎市長(同副会長)はじめ、玄海町鬼木茂信副町長・鏡果協藤崎英明代表理事組合長が大田市場に来場され、これから出回りのピークを迎えるハウスみかんを市場関係者に印象付けました。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶頂いた産地代表者
JAからつ 堤武彦代表理事組合長

唐津市 峰達郎市長

 

 


堤組合長
この時期恒例となっているJAからつハウスみかん品評会も今回で11回目となりました。本年産のハウスみかんは前年並となる4,500tの出荷を計画しております。高品質な仕上がりに自信を持って出荷しておりますし、会場に展示されているものはその中でも選りすぐりの商品ばかりです。ぜひご購入いただきたいと思います。農業を取り巻く環境は混迷を深めておりますが、われわれは市場との連携を深め、地域農業として生き残りをかけていきます。これからもどうぞよろしくお願いします。

 

日頃は唐津の農産物をご愛顧いただき、ありがとうございます。本日はハウスみかんの品評会ということで、展示と販売を行います。昨年もこの品評会で市場の皆様に高い評価をいただいたことが、生産者にとって大きな励みとなりました。これからも責任産地として行政も力を合わせて生産を守っていきます。唐津弁ではよく「うまか!」と言います。うまかハウスみかんで皆様もうまか商売が出来ますよう、願っております。

峰市長

 

 

会場風景

 

 会場には最優秀賞1点・優秀賞3点・優良賞6点を含む47点のハウスみかんが展示されました。試食品もたっぷりと用意され、会場を訪れたお客様は口々に「うまいなぁ!」と感激の声を上げていました。

 

最優秀賞1点・優秀賞3点・優良賞6点を含む47点のハウスみかんが展示された会場。 1箱には24玉入りです。
最優秀賞1点・優秀賞3点・優良賞6点を含む47点のハウスみかんが展示された会場。 1箱には24玉入りです。
JAからつブランドの『Only One』は光センサー選果機で糖度・酸度・外観とも、全てにおいての基準をクリアした果実のみを商品化しています。
JAからつブランドの『Only One』は光センサー選果機で糖度・酸度・外観との全てにおいて基準をクリアした果実のみを商品化しています。
会場中央正面にはトロフィーと最優秀賞が飾られました。素晴らしい出来栄えの最優秀賞に思わず見入るお客様。
会場中央正面にはトロフィーと最優秀賞が飾られました。素晴らしい出来栄えの最優秀賞に思わず見入るお客様。
糖・酸のバランスが良く、じょうのう膜も薄いJAからつハウスみかんを少し冷やして試食提供しました。
糖・酸のバランスが良く、じょうのう膜も薄いハウスみかんを少し冷やして試食提供しました。
JAからつのマスコットキャラクター『唐うまくん』も登場。機敏な動きで会場を盛り上げます。
JAからつのマスコットキャラクター『唐うまくん』も登場。機敏な動きで会場を盛り上げます。

 

 トップセールスのご挨拶終了後、会場内の展示品は1箱ずつ競売で販売されました。最優秀賞では競り合うような場面もあり、様子を見守っていた大勢のギャラリーは大いに沸きました。

会場の周りには競売の様子を見ようと大勢のギャラリーが詰め掛けました。
会場の周りには競売の様子を見ようと大勢のギャラリーが詰め掛けました。
担当の大野課長がテンポ良く販売していくのを唐うまくんも見守ります。
担当の大野課長がテンポ良く販売していくのを唐うまくんも見守ります。
真剣な表情で競売に臨む大田市場仲卸の皆様。
真剣な表情で競売に臨む大田市場仲卸の皆様。

 

商品情報

 

品名 ハウスみかん
出荷者

佐賀県JAからつ

出回り期間 4月下旬〜9月下旬
中心荷姿

ダンボール(5s)・ 化粧箱(2.2s)
パック(350g・270g)

レギュラー出荷の5kg箱
レギュラー出荷の5kg箱

 

 本年の作柄について、JAからつ営農部果樹課の柴田次長は「5月は出荷遅れが見られましたが、6月末の時点では前年比108%まで回復してきました。これから出荷のピークを迎えますが、6月の夜温が低かったこともあって着色が早めなので、8月のお盆時期にかけても数量的にはしっかりと揃えることが出来ます。」とお話くださいました。また、「本年は空梅雨気味なのでやや小ぶりではありますが、糖度としては例年より0.5〜1度程度高く、食味レベルは高い仕上がりです。糖・酸のバランス良く、完熟しているので本当に美味しいですよ。」(ハウスみかん部会加茂部会長談)とのこと。食味の良さは折り紙つきです。

 


堤組合長・峰市長と弊社平田取締役
堤組合長・峰市長と弊社平田取締役
  •  果実第3事業部 大野
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ