東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 山梨県 JAフルーツ山梨『シャインマスカット』品評会
トピックス一覧

2017年9月6日
山梨県 JAフルーツ山梨「シャインマスカット」品評会

〜今年のシャインマスカットをどうぞお試しください〜

 

大田市場でのトップセールスを行ったJAフルーツ山梨の皆様
前日に産地で開催した「シャインマスカット」品評会の出展品を携えて来場され、大田市場でのトップセールスを行ったJAフルーツ山梨の皆様。左からJAフルーツ山梨 中澤組合長・三枝理事、 ぶどう部会 清水副部会長・内田部会長と弊社担当石井。

 

 9月7日(木)、東京青果卸売場にて山梨県JAフルーツ山梨『シャインマスカット』品評会が開催されました。産地よりJAフルーツ山梨中澤組合長をはじめ、ぶどう部会・農協の皆様が来場され、「シャインマスカット」の取引拡大をアピールしました。

 

代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者

JAフルーツ山梨 中澤昭組合長

JAフルーツ山梨ぶどう部会 内田誠部会長

 

 

中澤組合長
中澤組合長
 
内田部会長
内田部会長
平素はJAフルーツ山梨の青果物をお取扱いいただき誠に有難うございます。今年も桃から始まり、すもも、ぶどうと有難うございます、本日はシャインマスカットが始まるにあたりこの場に20点以上出品する予定でしたが、「糖度が18度以上の物だけにしよう」と生産者から声が上がり12点の出展になりました。これから巨峰・ピオーネ・赤系ぶどうを10月末まで出荷してまいりますのでお取扱いのほど宜しくお願いいたします。   本日はシャインマスカットの競売に多くの方々にお集まりいただきまして有難うございます。JAフルーツ山梨のぶどうはデラウェアから始まり、巨峰・ピオーネ・シャインマスカット・赤系ぶどうの出荷となります。シャインマスカットは全国的に栽培が大きく増えてきています。JAフルーツ山梨では食味重視で出荷をしてまいりますので、その良さを知っていただきご購入していただければと思います。

 

 

会場風景

 

  会場には前日に産地で開催された「シャインマスカット」品評会の商品12点が展示されました。


特設会場には2房入りの化粧箱12点が並べられました。試食会の前から大勢のお客様が訪れ、会場内は常に混雑状態でした。

 

入賞品を詰め合わせた特製箱
会場中央には入賞品を詰め合わせた特製箱も展示されました。
マグネットや帽子など、お馴染みの販促グッズも大人気
マグネットや帽子など、お馴染みの販促グッズも大人気。
試食会のスタートと同時に試食台の周りを幾重にもお客様が囲みました。
試食会のスタートと同時に試食台の周りを幾重にもお客様が囲みました。あまりの人気ぶりに産地の皆様も驚かれた様子。

 

 会場内の展示品は中澤組合長と内田部会長によるご挨拶終了後に1箱ずつ競売が行われました。

 

販売担当の石井による競売が始まりました。
販売担当の石井。真剣なまなざしで競売がスタート。
最後の特製箱が競り落とされた瞬間。
人気商材とあって競売はヒートアップ。こちらは最後の特製箱が競り落とされた瞬間。

 

商品情報

 

商品名 シャインマスカット
産地 山梨県
出荷者 JAフルーツ山梨
主な出回り時期 9月上旬〜11月上旬

 

品評会の商品はオリジナルの2房入り化粧箱で出荷されました。
品評会の商品はオリジナルの2房入り化粧箱で出荷されました。
品評会のために厳選に厳選を重ねた逸品。
品評会のために厳選に厳選を重ねた逸品。

 

 本年の作柄についてJAフルーツ山梨ぶどう部会の内田部会長は「今年の生育は昨年に比べ4〜5日ほど遅れています。JAフルーツ山梨のシャインマスカットは5kgコンテナで8房中心(1房600g以上)とし、大房作りより小房作りでコンパクトな房作り、玉張り・食味重視を指導しています。今年は後半の地区が生育年数が短いためパック中心の5kgコンテナで10房・9房が中心になります。」と、お話し下さいました。

 

  

産地の皆様と弊社鳥津特別顧問

産地の皆様と弊社鳥津特別顧問

 

  • 果実第1事業部 石井
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ