東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 千葉県JA西印旛「白井のあきづき梨」初荷トップセールス
トピックス一覧

2017年9月8日
千葉県JA西印旛 白井の「あきづき」梨 トップセールス
〜本日初荷、しろいの梨ならまちがいナシ!〜

 

「あきづき」の試食宣伝会で来場された白井市梨業組合・JA西印旛・白井市の皆様と白井市のキャラクター『なし坊』本日初荷の「あきづき」の試食宣伝会で来場された白井市梨業組合・JA西印旛・白井市の皆様と白井市のキャラクター『なし坊』。お揃いの爽やかなパステルカラーのポロシャツにも『なし坊』がプリントされています。

 

 9月8日(金)、東京青果卸売場にて千葉県JA西印旛(白井)の「あきづき」梨試食宣伝会が開催されました。産地からはJA西印旛の篠田組合長、白井市梨業組合の秋本組合長、白井中央梨選果場組合の笠井組合長をはじめ多くの皆様が来場され、本日初荷を迎えた「あきづき」を買参人に売り込みました。

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
JA西印旛 篠田隆組合長
白井市梨業組合 秋本享志組合長

 

JA西印旛 篠田組合長

 
白井市梨業組合 秋本組合長
JA西印旛 篠田組合長
 
白井市梨業組合 秋本組合長
日頃より『しろいの梨』のお買い上げありがとうございます。今年も甘くておいしい梨が出来ました。味が自慢の『しろいの梨』は日本一おいしい梨です。これからも市場の皆様と連携しながらしっかりと出荷してまいりますので、引き続きのご愛顧よろしくお願いします。   「幸水」「豊水」とご愛顧いただきまして、ありがとうございます。本日は初荷を迎えた「あきづき」のピーアールにやってまいりました。今後も「新高」まで安心・安全な梨を消費者の皆様にお届けできるよう、がんばってまいります。

 

 

会場風景

梨どころ白井市のキャラクターとして活躍して22年目を迎える「なし坊」

梨どころ白井市のキャラクターとして活躍して22年目を迎える「なし坊」。出荷箱やのぼりなど様々なシーンで『しろいの梨』を宣伝しています。

全農ちば・千葉県スタッフも試食会の裏方として大活躍しました
全農ちば・千葉県スタッフも試食会の裏方として大活躍しました。
笑顔で試食をおススメ。
「美味しい白井の梨です。今日は「あきづき」をご用意しました。」と、笑顔で試食をおススメ。
来場されたお客様に、なし坊のイラストが描かれている特製クリアファイルがプレゼント
来場されたお客様に、なし坊のイラストが描かれている特製クリアファイルがプレゼントされました。
「あきづき」の商品特性や栽培上のポイントなど生産者同士で活発な意見交換中。
「あきづき」の商品特性や栽培上のポイントなど生産者同士で活発な意見交換中。

 

商品情報

 

商品名 あきづき
産地 千葉県
出荷者 JA西印旛
出回り期間 9月上旬〜10月中旬
荷姿 ダンボール 5kg

 

(新高×豊水)×幸水の交配種として生まれた「あきづき」
(新高×豊水)×幸水の交配種として生まれた「あきづき」、酸味が少なく糖度が高い味わいで「幸水」に似た美味しさです。
販売担当の三砂による初荷の競売。
販売担当の三砂による初荷の競売。入荷を待ち望んでいたお客様が大勢参加されました。次回入荷は来週となります。

 

 本年の作柄について白井市梨業組合の谷嶋副組合長と伊藤研究副部会長は「天候で栽培には苦労しました。開花が遅れたことで出荷も前年よりは遅くなっていますが、「あきづき」に関しては食味も充実して仕上がりは良好です。玉伸びも良く、数量的には前年よりも多くなると見ています。「あきづき」は「新高」に代わる品種として栽培が拡大しています。白井には若い担い手も多くおり、改植にも意欲的です。昨年開設した『しろいの梨育苗センター』で苗木を共同育成することで改植しやすい環境も整えています。将来に向けても安定的な生産が出来るように関係者皆で取り組んでいます。」と、お話くださいました。

 

谷嶋副組合長(右)と伊藤研究副部会長。
産地の取り組みなどをいろいろと教えて下さった谷嶋副組合長(右)と伊藤研究副部会長。「実はあきづきの次に出る新品種(まだ未発表)も試験栽培中です。ご期待ください!」
果形が扁平で横に広がる「あきづき」は斜めに詰めます
果形が扁平で横に広がる「あきづき」は斜めに詰めることで果実同士がぶつからず、ロスを減らすことが出来ます。「果専店の方に指導してもらい、昨年から詰め方を変えました。(谷嶋氏談)」

 

左から白井市梨業組合 秋本組合長、JA西印旛 篠田組合長、白井市梨業組合中央梨選果場の笠井忠志組合長・笠井行雄理事、弊社三砂担当。
左から白井市梨業組合 秋本組合長、JA西印旛 篠田組合長、白井市梨業組合中央梨選果場の笠井忠志組合長・笠井行雄理事、弊社三砂担当。

 

  •  果実第3事業部  三砂(みさご)
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ