東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 山形県大江町・JAさがえ西村山すももトップセールス2017
トピックス一覧

2017年9月16日
山形県大江町・JAさがえ西村山すももトップセールス2017
〜秋の夜長は新品種すももをじっくり味わいませんか?〜

 

すももトップセールスで来場された大江町・JAさがえ西村山の皆様と弊社販売担当の立花。すももトップセールスで来場された大江町・JAさがえ西村山の皆様と弊社販売担当の立花。

 

 9月16日(土)、東京青果卸売場にて山形県大江町&JAさがえ西村山のすももトップセールスが開催されました。すもものトップセールスとしては昨年に続いて2回目となります。昨年市場デビューした新品種「光李(ひかり)」をはじめ、「サンルージュ」「サンローゼス」といった大江町生まれのすももを試食提供しながら、『秋のすもも』を買参人に売り込みました。

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
大江町 渡邉兵吾町長
JAさがえ西村山 柴田清志組合長

 

大江町 渡邉町長  
JAさがえ西村山 柴田組合長
大江町 渡邉町長
 
JAさがえ西村山 柴田組合長
大江町は山形県では唯一国の重要文化的景観に選定されております。そこで生まれて品種登録されたすももは10品種を超えています。体を維持するためには食べ物が必要です、心を健やかに保つには心を食べる必要があります。今年は天候不順で果樹生産は苦労を強いられましたが、その中でもがんばって美味しいものを作ろうと努力してきた生産者の心、ぜひ消費者の皆様に食べていただきたいと思います。生産から市場・消費者まですももに関わる方皆様に感謝申し上げます。   山形のど真ん中に位置するJAさがえ西村山は果物の生産が盛んな地域ですが、その中でも大江町では多くの果物が生産されています。今日はこれまで「たかがすもも」の扱いであったすももを「されどすもも」まで育て上げてくださった渡辺部会長も一緒にセールスに参りました。光李をはじめ、「すももの革命!」とまで言われた大きくて色・味共に優れる新品種ばかりです。これら新品種を全国の消費者に届けていただけますように、市場関係者の皆様にお願い申し上げます。

 

 

会場風景

会場には「サンローゼス」「光李(ひかり)」「サンルージュ」が展示・試食提供されました。
会場には「サンローゼス」「光李(ひかり)」「サンルージュ」が展示・試食提供されました。何れもすもも部会の渡辺部会長が育成した品種です。
果皮・果肉共に黄金色をした光李を模した被り物が鮮やか。
果皮・果肉共に黄金色をした光李を模した被り物が鮮やか。お客様に説明しながら丸ごと1玉試食提供します。
試食に加え、来場されたお客様にはサンプルとして3品種の詰め合わせセットが配布されました。
試食に加え、来場されたお客様にはサンプルとして3品種の詰め合わせセットが配布されました。
試食会場で食べるだけでなく、後でじっくりと美味しさを味わって欲しいと用意されたサンプル
試食会場で食べるだけでなく、後でじっくりと美味しさを味わって欲しいと用意されたサンプル200セットはすぐに完売に。
同じくトップセールスで大田市場に来場されていた岡山県新見市の池田市長にもサンプルを渡し、お互いにエールを送りました。
同じくトップセールスで大田市場に来場されていた岡山県新見市の池田市長にもサンプルを渡し、お互いにエールを送りました。
新規就農者の村木さん・阿部さん、研修生の鹿さん・柏倉さんと渡邉町長。
大江町では新規就農者支援に力を入れており、農業を生業と出来るようなサポート体制を整えています。県外から家族で移住して就農したり、研修生としてやってくる若者も多くいるそうです。新規就農者の村木さん・阿部さん、研修生の鹿さん・柏倉さんと渡邉町長。

 

商品情報

 

 

商品名 すもも
出荷者 JAさがえ西村山
主要品種
出回り期間
大石早生 7月中旬〜下旬
ソルダム 7月下旬〜8月中旬
太陽 8月下旬〜9月上旬
秋姫 9月上旬〜下旬
新品種の特徴
【サンルージュ】
糖度が非常に高く、酸味が少ない。果皮だけでなく果肉も赤い。
【サンローゼス】
サンルージュの子供。糖度高く、肉質に優れている。
【光李(ひかり】
サンルージュの子供。果皮・果肉ともに黄金色。食味が良く、トロピカルフルーツのような香りが魅力。

 

大江町産のすももいろいろ
サンルージュ
サンルージュ
光李
光李

サンローゼス
サンローゼス

サンセプト
サンセプト
秋姫
秋姫
荷姿の基本はパック
荷姿の基本はパック

 

バラエティ豊かな秋のすももが卸売場のサンプル場を華やかに彩ります。
バラエティ豊かな秋のすももは9月の重要な販売アイテム。卸売場のサンプル場を華やかに彩ります。
販売担当の立花による光李の競売
販売担当の立花による光李の競売。まだ生産量も少なく、限定的な販売となりますが、人気は高まりそうです。

 

 本年の作柄についてJAさがえ西村山すもも部会の渡辺部会長は「後半品種は作柄があまり良くなく、生産量も前年の7割程度まで落ち込みそうです。産地では気温が一気に下がってきていますので、切り上がりも早く、秋分の日を過ぎると終了に向かいそうです。また、今日はサンルージュ、その子供となるサンローゼス・光李を試食提供しましたが、これら新品種は栽培面積・本数ともに増加しており、年々出荷量は増えてくると期待されます。」と、お話くださいました。

 

 

渡辺部会長を中心に、これからの産地を担っていく生産者の皆様(OSINの会メンバー)と 弊社立花担当。

渡辺部会長を中心に、これからの産地を担っていく生産者の皆様(OSINの会メンバー)と 弊社立花担当。渡辺部会長は大江町就農研修生受け入れ協議会(OSINの会)の会長も勤めていらっしゃいます。

 

  •  果実第2事業部  立花
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ