東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 『奈良の柿』トップセールス2017
トピックス一覧

2017年10月5日
『奈良の柿』トップセールス 2017
〜奈良県・五條市・奈良県農協の首脳陣が来場されました〜

 

奈良県荒井知事をはじめ、五條市・JAならけんの首脳陣とマスコットーキャラクター“せんとくん(奈良県)”、“カッキー(五條市)”が揃って、買参人にご挨拶しました。

 

 10月5日(木)、東京青果卸売場にて奈良県荒井知事らによる『奈良の柿』トップセールスが開催されました。

 

 奈良県産「刀根早生柿」は9月中旬から出回っていますが、10月に入り量、内容ともに充実し、いまピークを迎えています。本日のトップセールスのため、大勢の産地関係者が来場され、刀根早生柿を中心に本年産『奈良の柿』の順調な仕上がりをアピールしました。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
奈良県 荒井正吾知事
JAならけん 中出篤伸会長

 

ご挨拶する荒井知事

このセリ台でご挨拶させていただくようになってから、かれこれ10年近くになります。トップセールスを通じて、産地と市場、そして消費者をつなぐのが私どもの役目でございます。市場の皆様にご指導いただき、販売拡大のため生産者も頑張っております。大田市場では日本の素晴らしい農産物を目にすることができ、皆様からは温かい言葉をかけていただき、御礼申し上げます。本日もお忙しい中、たくさんの方々にお集まりいただき、感激しております。今後とも『奈良の柿』をよろしくお願い申し上げます。

 

ご挨拶する中出会長

大田市場でのトップセールスは私は今年で5回目となります。毎回、たくさんの方々に『奈良の柿』を試食し、購入していただき、それが全国に流通するという流れとなり、本当に嬉しい限りでございます。今年、西の産地は天候に恵まれ、糖度ののりも良く14度以上ありますので、全国に『奈良の柿』をたくさん流通させていただきますようお願い申し上げます。

 

 

会場風景

 

『奈良の柿』をどうぞ!

せんとくん&カッキーはイベントには欠かせない人気者。
今年も市試食会場を大いに盛り上げてくれました。

 

「せんとくん」が身動きできないほど、試食会場には大勢の人で賑わいました。 歴史と風格を感じる『奈良の柿』。夜温も下がってきて、色回りも順調です。
ピークを迎え、食味がますます充実した刀根早生柿を味わおうと、柿PRレディの周りにたくさんのお客様が集まってきました。「上品な甘さだね。」「しっとりした果肉だね。」と『奈良の柿』の実力を改めて確認した様子でした。
 

試食台を飾っていたミニ横断幕。奈良の大仏様もハロウィンを楽しむのか…と、何とも不思議な組み合わせに興味をそそられます。

 

柿3ケをハロウイン仕様のスタンドパックに詰めてお客様にプレゼント。 配布開始と200袋用意したサンプルが次々とお客様の手に渡っていきました。

 

商品情報

 

商品名 刀根早生柿
産地 奈良県
出荷者 JAならけん 西吉野
主な出回り期間 9月中旬〜10月下旬
主な荷姿 7.5kgダンボール

 


刀根早生柿に続いて、平核無柿、富有柿とリレーして出てきます。

私達が育てた『奈良の柿』をぜひご賞味ください。

JAならけん西吉野柿部会(左から3人目が北田部会長)の皆様と

柿PRレディのお二人。

 

 本年の作柄について、JAならけん西吉野柿部会の北田会長は「刀根早生柿はいまピークを迎えたところで、これから2週間ほど潤沢出荷が続きます。今年は夏に雨が少なく、玉伸びは遅れがちでしたが、生育が進んでいた前年と同じ時期から出荷をスタートさせたため、9月は小玉傾向でした。10月出荷については、肥大も平年並みに戻り、着色も順調です。これからはL、2Lサイズ中心に出回ります。寒暖差も大きいため、糖度は高く食味は充実しています。平核無柿は10月20日頃から、早生富有柿は10月下旬から、本富有柿は11月上旬からそれぞれ出荷開始と見込んでいます。刀根早生柿以降の柿の生育も順調に進んでいます。」とお話しくださいました。

 

 


左から弊社泉常務、朝倉さん(柿PRレディ)、中出会長、太田市長(五條市)

荒井知事、平尾さん(柿PRレディ)、楳田理事長(JAならけん)

 

  •  果実第1事業部  斎藤
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ