東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 平成29年度 純情産地いわて生しいたけ試食宣伝会
トピックス一覧

2017年10月6日
平成29年度 純情産地いわて生しいたけ試食宣伝会
〜食味と安定出荷にこだわった岩手県産しいたけです〜

産地の皆様と、試食調理された(株)ダイショースタッフ、弊社販売担当の野口。生産者の代表と県内各農協のしいたけ担当者、そしてJA全農いわての皆様が来場され、これから需要期を迎える岩手県産生しいたけをアピールしました。産地の皆様と、試食調理された(株)ダイショースタッフ、弊社販売担当の野口。

来場くださった産地の皆様
【岩手県大型野菜経営者協議会菌床椎茸部会】佐々木様・小野寺様
【JA新いわて】山口様・日影様 【JAいわて中央】阿部様
【JA岩手ふるさと】安部様 【JA江刺】遠藤様 【JAおおふなと】金野様
【JAいわて平泉】渡邉様 【JA全農いわて】松田様・川畑様・山本様・平坂様・菊池様

 

 10月6日(金)、東京青果卸売り場にて平成29年度「純情産地いわて」生しいたけ試食宣伝会が開催されました。産地からは生産者の代表として菌床椎茸部会の佐々木副部長・小野寺副部会長をはじめ、県内各農協のしいたけ担当者の皆様が来場され、スープとアヒージョの試食を提供しながら、市場関係者に高品質な岩手県産しいたけを印象付けました。

 

会場風景

岩手県産をしっかりと印象付けようと試食宣伝会が企画・開催されました。
気温も下がってきのこ類が需要期を迎えようとしています。岩手県産をしっかりと印象付けようと試食宣伝会が企画・開催されました。
ダイショーの『野菜をいっぱい食べる鍋』シリーズを使用したスープ煮。暖かい鍋物が恋しい季節になりました。ダイショーの『野菜をいっぱい食べる鍋』シリーズを使用したスープ煮。暖かい鍋物が恋しい季節になりました。   試食会でもすっかりお馴染みのメニューとなったアヒージョ。肉厚の岩手産しいたけなら食感良く仕上がります。
試食会でもすっかりお馴染みのメニューとなったアヒージョ。肉厚の岩手産しいたけなら食感良く仕上がります。
しいたけ販売担当の野口も盛り付けしながら岩手産のしいたけをお客様に宣伝しました。
しいたけ販売担当の野口も盛り付けしながら岩手産のしいたけをお客様に宣伝しました。
  『純情産地いわて』お揃いの黄色いエプロンを付けて試食提供される各農協の皆様。
『純情産地いわて』お揃いの黄色いエプロンを付けて試食提供される各農協の皆様。
     

 

商品情報

 

商品名
生しいたけ
産地

岩手県

出荷者
JA全農いわて
出回り期間
周年(10月からは秋冬菌が出荷ピーク)
荷姿
100gパック・2kgバラ
(要望に合わせて様々な荷姿対応可能)

 

肉厚でやわらかく香り高い岩手県産しいたけブランドが「ふくよ香」です。
肉厚でやわらかく香り高い岩手県産しいたけブランドが「ふくよ香」です。

 岩手県産しいたけについて岩手県大型野菜経営者協議会菌床椎茸部会の佐々木f副部会長(JAいわて中央椎茸生産部会菌床椎茸専門部会長)は「岩手のしいたけは食味の良さと安定した出荷量にこだわっています。しいたけの味はどの産地も同じ、と思っている方が多いようですが、我々は数多くある菌種の中でも食味の良いものを選び、年間を通して安定的な数量を提供できるように心がけています。年に何回も市場に足を運び、品質や規格への要望も細かく吸い上げながら、これからも消費者の皆様に美味しいしいたけをお届けしていきます。」と、お話くださいました。

 

岩手県大型野菜経営者協議会の佐々木副部会長と弊社野口
岩手県大型野菜経営者協議会の佐々木副部会長と弊社野口

 

  • 野菜第1事業部 野口
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら

 

ホームへ戻る
ページトップへ