東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 平成29年 長崎県産早生みかんトップセールス
トピックス一覧

2017年11月6日
平成29年 長崎県産早生みかんトップセールス
〜長崎県内の各銘柄が出揃いました〜

 


長崎県産早生みかんのスタートに合わせて産地よりJA全農ながさき・JA長崎せいひ・JAながさき西海から関係者の皆様が大田市場に来場され、トップセールスが開催されました。

 

 11月6日(月)、東京青果卸売場にて長崎県産早生みかんのトップセールスが開催されました。産地よりJA全農ながさき大山副本部長、JA長崎せいひ ことのうみ柑橘部会久保副部会長・大西海みかん部会朝長副部会長、JAながさき西海口石代表理事専務をはじめ、大勢の産地関係者の皆様が来場され、いよいよ本格的なシーズンを迎えた『長崎県産みかん』を市場関係者にアピールしました。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
JA全農ながさき 大山康晴副本部長
長崎県果樹研究会 田中芳秀会長

 

JA全農ながさき 大山康晴副本部長   長崎県果樹研究会 田中芳秀会長
大山副本部長
 
田中会長
日頃よりみかんをはじめとする長崎県産農産物をご愛顧をいただきまして、ありがとうございます。長崎県のみかんは生産者が味にこだわり、丹精こめて育てています。栽培方法もシートマルチを基本とし、本年も被覆面積を維持して市場の期待に応えられる内容に仕上げてまいりました。皆様のご協力をいただき、さらなる販売拡大を目指していきます。どうぞよろしくお願いいたします。   10月の極早生みかんでは、不甲斐ない内容の物も多く、消費者の皆様にご迷惑をおかけいたしました。10月いっぱいでそれらは一掃し、11月の早生みかんからは一新して内容も充実します。『みかん』と一括りにしますが、『みかん』無くしては年を越せないというのが市場の皆様の実感ではないでしょうか。今後も高品質のみかんを出荷し、皆様の販売・商売に協力していければと思っております。

 

 

 

 

会場風景

 

『長崎みかん』の大きなタペストリーが飾られた会場
『長崎みかん』の大きなタペストリーが飾られた会場には主要銘柄(JA長崎せいひ大西海&伊木力・JAながさき西海)それぞれの試食品が並べられました。

本年の作柄やこれからの出荷見込みなどについてお客様と話が弾みます。
本年の作柄やこれからの出荷見込みなどについてお客様と話が弾みます。
 
試食提供するJAながさき西海古川部会長と生垣専任部長
大切に育てたみかんの旅立ちの瞬間、美味しく食べてくださいね。
長崎県産みかんの販売担当トリオ。
長崎県産みかんの販売担当トリオ。右より古口(JAながさき西海)・鈴木(JA長崎せいひ大西海)・阿久津(JA長崎せいひ伊木力)。
初荷の競売には大勢のお客様が集まりました。
初荷の競売には大勢のお客様が集まり、大変な活気に包まれました。これから年明けまで続くみかんシーズンの幕開けです。

 

 

商品情報

 

商品名 長崎県産早生みかん
産地 長崎県
出荷者 JA長崎せいひ(大西海・伊木力)
JAながさき西海
主な出回り期間 11月上旬〜12月中旬
主な荷姿 10kgダンボール

 

各銘柄ごとの出荷箱

JA長崎せいひ 大西海

JA長崎せいひ 伊木力

JAながさき西海

 

 本年の作柄について、JA全農ながさき園芸部の木下次長は「夏場以降に雨が多かったこともあり、みかん生産には苦労した年でした。今日から本格出荷となる早生みかんは生産量8,660t・前年比110%を計画しています。中心サイズは例年通りM中心ですが、SとLの比率がほぼ同率でやや大き目となっております。酸抜けも良く、皆様にご満足いただける食味の仕上がりではないかと思います。早生は12月前半までの販売で、12月に入れば「させぼ温州」の出荷も始まります。」と、お話しくださいました。

 

 

大山副本部長・田中会長と弊社川田社長
大山副本部長・田中会長と弊社川田社長

 

  •  果実第3事業部  鈴木・古口・阿久津
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ