東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > JAえひめ中央『紅まどんな』トップセールス
トピックス一覧

2017年11月28日
JAえひめ中央『紅まどんな』トップセールス【27日開催】
〜松山市野志市長による恒例の『紅まどんな』PR紙芝居〜

 

まつやま農林水産ブランド『紅まどんな』
まつやま農林水産ブランド『紅まどんな』
厳しい基準をクリアしたものだけに名づけられます。

 

 11月27日(月)、東京青果卸売場にてまつやま農林水産物ブランド『紅まどんな』トップセールスが開催されました。産地より愛媛県松山市野志克仁市長をはじめ、JAえひめ中央福島常務、松山マドンナ大使ほか多数の関係機関の方々が来場しました。

 卸売場では年末商戦を見越したギフト商材の提案が行われています。お歳暮の時期にピークを迎える『紅まどんな』の販路拡大のために、野志市長による恒例の紙芝居でのPRタイムが始まりました。

 

代表者のご挨拶

 

ご挨拶頂いた産地代表者
松山市 野志 克仁市長

 

熱弁をふるう野志市長
熱弁をふるう野志市長
『紅まどんな』は年々出荷量が増えています。出荷量が増えても品質が悪くならないよう、厳しい選果を行い、糖度・外観・酸の3つの厳しい基準をクリアーしたものだけを『紅まどんな』として出荷しています。生産者の方々が十分な施設管理や生育に必要な作業を行なっていますので、安定して美味しい『紅まどんな』をお届けできるのです。本年も【まつやま農林水産物ブランド】『紅まどんな』をご愛好のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

 

会場風景

 


大勢のお客様で賑わう試食会場
2017松山まどんな大使 武智さん

プルンとした食感とジューシーな味わいが魅力的な『紅まどんな』



松山市の職員とJAえひめ中央の農産物販促隊JASH!の皆さんが試食を勧めます。
競売する販売担当果実第3事業部中村

競売の行方を気にする野志市長

 

商品情報

 

商品名 紅まどんな
産地 愛媛県
出荷者

JAえひめ中央

主な出回り期間 11月中旬〜1月中旬
中心サイズ 2L・3L
主な荷姿 3kgDB(化粧)

 

 

年末ギフトにおススメ!
年末ギフトにおススメ!
JAえひめ中央 平岡課長
JAえひめ中央 平岡課長

 

今年の作柄について、JAえひめ中央販売部果実販売課平岡課長は、「今年は台風の被害が若干あるものの、昨年に比べて2割ほど多い生産量になっています。出荷期間は11月18日スタートし、来年1月中旬まで予定しています。中心は2L・3Lでピークは12月10日〜20日です。糖、酸の分析で結果がよいものを選果場にて検査を受け合格したものが『紅まどんな』になります。」とお話し下さいました。

 

  

右より武智さん、野志市長、弊社川田社長、JAえひめ中央福島常務、平岡課長

右より武智さん、野志市長、弊社川田社長、JAえひめ中央福島常務、平岡課長

 

  • 果実第3事業部 中村
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら

 

ホームへ戻る
ページトップへ