東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 第6回 長野県JAあづみ「特選サンふじ」販売会
トピックス一覧

2017年11月29日
第6回 長野県JAあづみ「特選サンふじ」販売会 
〜出荷量は平年並みに回復 最終までしっかり出ます〜
【28日開催】

 

第6回「特選サンふじ」販売会は例年にも増して大盛況のうちに終了し、JAあづみの皆様と弊社りんごチームが揃っての記念撮影。

第6回「特選サンふじ」販売会は例年にも増して大盛況のうちに終了し、JAあづみの皆様と弊社りんごチームが揃っての記念撮影。

【JAあづみ】千國組合長、小林部会長・萩原副部会長(りんご部会)、小林部長・相馬課長・石曽根課長代理・松田さん(営農経済事業部)

【東京青果】渡邊副部長、小野塚マネージャー、榎本、二見(果実第1事業部)


 11月28日(火)、東京青果卸売場にてJAあづみ「特選サンふじ」販売会が開催されました。

 食味が優れ大玉作りのJAあづみのサンふじは、贈答用としても人気が高い商材です。この販売会は、お歳暮シーズンを目前に控えたタイミングで開催されるためか、お客様の注目度も高く、毎回、たくさんの人々で賑わいます。

 今回も、千國組合長をはじめ大勢の産地関係者が来場され、JAあづみ産りんごの品質レベルの高さと販売拡大をアピールしました。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶頂いた産地代表者
JAあづみ 千國 茂 組合長
りんご部会 小林 正 部会長

 

 

千國 茂 組合長

千國組合長

JAあづみのサンふじは11月2日より、大田市場にお世話になっております。販売経過も順調とういことで、誠にありがとうございます。本日の「特選サンふじ販売会」には、22名の生産者が腕によりをかけたりんごを持ってまいりました。買参人の皆様には、価格で評価をしていただき、JAあづみのサンふじの美味しさを全国に発信していただきたいと願っております。サンふじは出荷最盛期を迎えております。最終販売まで皆様の力強いご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

小林 正 部会長

小林部会長

本年も「特選サンふじ販売会」を迎えることができました。生産者は毎日、毎日、頑張って作業に励んでまいりました。販売会に出品されているりんごは、日々の頑張りの結果でございます。来年度に向けて生産者の士気が上がりますよう、高値でお買い上げいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

会場風景

 

特設会場には選りすぐりの「特選サンふじ」22点が展示されました。

特設会場には選りすぐりの「特選サンふじ」22点が展示されました。

 

競売開始を前に手にとって、大きさ、色回り、形状を吟味するお客様。 仲卸の若手職員に評価ポイントを説明する千國組合長。

競売開始を前に手にとって、大きさ、色回り、形状を吟味するお客様。

 

仲卸の若手職員に評価ポイントを説明する千國組合長。
色回りが良く、ボリューム感あふれるJAあづみのサンふじ。販売会に出品の「特選サンふじ」は14玉(5kg標準)の化粧箱入り。 色回りが良く、ボリューム感あふれるJAあづみのサンふじ。販売会に出品の「特選サンふじ」は14玉(5kg標準)の化粧箱入り。

色回りが良く、ボリューム感あふれるJAあづみのサンふじ。販売会に出品の「特選サンふじ」は14玉(5kg標準)の化粧箱入り。

 

特設会場では、レギュラー品の試食とともに展示品の試食が行われました。展示品の試食ができるのも、この販売会の特徴です。お客様は気になる展示品の番号をチェックしながら、しっかりと味も確かめていました。
展示品の試食特設会場では、レギュラー品の試食とともに展示品の試食が行われました。展示品の試食ができるのも、この販売会の特徴です。お客様は気になる展示品の番号をチェックしながら、しっかりと味も確かめていました。

 

特選品の販売会

 

競売時間が近づくにつれ特設会場に続々とギャラリーが集まってきました。
競売時間が近づくにつれ特設会場に続々とギャラリーが集まってきました。

 

JAあづみ担当の二見。
JAあづみ担当の二見。

二見が競り値が読み上げるたび、特設会場のあちこちからリアクションが起こっていました。

お目当ての展示品が競売にかかると一斉にヤリが出ます。展示品の評価の差は即、競売価格に反映されます。 「あづみのりんごをよろしくお願いします。」と最高値で競り落とした仲卸と握手する千國組合長。
お目当ての展示品が競売にかかると一斉にヤリが出ます。展示品の評価の差は即、競売価格に反映されます。 「あづみのりんごをよろしくお願いします。」と最高値で競り落とした仲卸と握手する千國組合長。

 

 

商品情報

 

商品名 サンふじ
産地 長野県
出荷者 JAあづみ
出回り期間 11月上旬〜12月中旬いっぱい

 

 

JAあづみ 相馬課長
JAあづみ 相馬課長

本年産のサンふじの出荷状況について、JAあづみ相馬課長は「前年は台風18号の強風により、落果、スレ果等の被害を受け、不作となりました。本年産は台風被害もほとんどなく、計画出荷量は平年並みと見込んでいます。本年は最終販売までしっかりと量が出てきます。」

 また、販売会について「1箱ごとに価格差があってこそ、生産者の刺激になります。評価の違いを全体のレベルアップに生かしていきます。」とお話し下さいました。


 

  • 果実第1事業部 担当:二見
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ