東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 奈良県産いちご初荷試食宣伝会
トピックス一覧

2017年12月18日
奈良県産いちご初荷試食宣伝会
〜大田市場では今年から初めて販売が開始されます〜

 


古都華・淡雪・パールホワイトの3種
奈良県の5名の生産者がブランドの確立からいちご作りまでを行っています。


 12月18日(月)、東京青果卸売場にて奈良県産いちごの初荷トップセールスが開催されました。

大田市場では奈良県産いちごの本格出荷、販売は今日が初となります。本日の初荷を迎えるにあたり、奈良いちごラボ5名の生産者とJAならけん職員が来場され、市場関係者へのアピールと情報意見交換を行いました。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶頂いた産地代表者
奈良いちごラボ 杉崎 保巳会長

 

 


奈良いちごラボ 杉崎会長

奈良いちごラボ、初売りにお集まり頂き有難うございます。奈良県はいちご産地として有数な産地ではありましたが後継者不足や園地減少が続き生産面積が減少して参りました。私たち「奈良いちごラボ」はこれまでにない『いちごの立案・規格』で東京への売場拡大を図っていきたいと思っております。現在は10月の気温低下によって生育が不安定だったため出荷数量は少ないですが、ピーク時には喜んでもらえるように頑張ってまいりますので「奈良いちごラボ」をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

会場風景

 

左から東さん・巽さん・前田さん・東さん・杉崎会長
奈良いちごラボ生産者
左から東さん・巽さん・前田さん・東さん・杉崎会長

 

 

初荷で競売にかけられたのは3種の入ったPK 70g少量PK
初荷で競売にかけられたのは270g平PKと70g少量PK
「この時期にいいね!」とお客様から好評でした。
市場関係者でも奈良県産いちごを食べる機会はめったにない上 品種の違いを食べ比べられるとあって試食会場ではお客様が試食まで待ちきれない様子でした。
市場関係者でも奈良県産いちごを食べる機会はめったにない上、特に白いちご『パールホワイト』に興味津々、お客様は試食まで待ちきれない様子でした。
試食を食べながら、生産者からいちごの日品種の説明を聞くお客様(写真上)、
試食を食べながら、生産者からいちごの品種の説明を聞くお客様(写真上)、初荷の競売を行う販売担当果実第1事業部村上(写真右)
初荷の競売を行う販売担当果実第1事業部村上(写真右)

 

 

商品情報

 

商品名 いちご
産地 奈良県
出荷者 奈良いちごラボ
出回り期間 12月18日〜4月上旬
荷姿 70g少量パック
   270g 平パック(ユリカーゴ使用)

 

 



古都華
県育種品種の赤いいちご
(アスカルビーに変わる品種)
淡雪
ほんのり赤くピンク色

パールホワイト

表皮は白で果肉も白!
(独自品種の白いちご)

真珠姫
来年度に向けて育成中

 

 JAならけん販売部 販売対策6次産業課土谷課長は、「本日が奈良県産いちご初売りです。品種は赤いいちごで県育成品種の『古都華(ことか)』、ほんのり赤いピンク色の『淡雪』、表皮は白で果肉も白い独自の品種『パールホワイト』の3種類です。出荷のピーク来年2月頃で、中心サイズは2Lです。奈良いちごラボのメンバー全員が品質の統一化を図っています。お取扱のほど、よろしくお願いします。」とお話し下さいました。



 

奈良いちごラボ、JAならけん職員の皆様と販売担当村上
奈良いちごラボ、JAならけん職員の皆様と販売担当村上

  • 果実第1事業部 村上
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ