東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 平成29年産愛媛いよかんトップセールス
トピックス一覧

2018年2月6日
平成29年産愛媛いよかんトップセールス
〜愛媛のいよかんを食べて いい予感!〜

 

2月6日(火)、東京青果卸売場にて、愛媛県JA全農えひめ小越慎介県本部長はじめ産地関係者の方々が来場し、トップセールスが開催されました。

2月6日(火)、東京青果卸売場にて愛媛県JA全農えひめ小越慎介県本部長はじめ産地関係者の方々が来場し、トップセールスが開催されました。

 

 愛媛といえばいよかんの大産地、受験シーズンにピークを迎え「いい予感」が当たるようにと、毎年1月中旬には東京都湯島天神にて合格祈願の御祓いを受けたいよかんが配布されます。

 試食会場ではいよかんの他ピークを迎える中晩柑類も展示され、愛媛県産柑橘の販売を盛り上げようと、積極的なアピールが行われました。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
JA全農えひめ 小越 慎介 県本部長

 

JA全農えひめ 小越 慎介県部長

 日頃から愛媛県産ブランドをお引き立て頂き有難うございます。伊予柑、中晩柑類の本格出荷に入ってまいりました。本日はいよかん大使と各販売責任者でセールスに来ました。本年度のいよかんは27,000tと昨年並みの出荷量になっており大田市場を中心に関東地区に7割を出荷しております。品質においては試食いていただいた通り酸切れが良く仕上がっています、またポンカン、せとか、甘平においても宜しくお願いいたします。

 

会場風景

 

まだまだ卸売場内は寒く、試食開始後お客様は「寒いと酸味を強く感じるのでは…」と思ってか試食に手が伸びないため、果実第3事業部高羽部長が「冷やしていないので大丈夫ですよ!」と勧めます。その声をきっかけに試食はあっという間になくなりました。
まだまだ卸売場内は寒く、試食開始後お客様は「寒いと酸味を強く感じるのでは…」と思ってか試食に手が伸びないため、果実第3事業部高羽部長が「冷やしていないので大丈夫ですよ!」と勧めます。その声をきっかけに次々と試食に手が伸びて試食はあっという間になくなりました。
試食は丁寧にじょうのうまで剥いてあるのでそのまま口に運ぶだけ。簡単に剥けるピーラーもありますよ。 愛媛いよかん大使が試食のお手伝い。「酸がなくて美味しいよ!」とお客様も満面の笑み。
試食は丁寧にじょうのうまで剥いてあるのでそのまま口に運ぶだけ。簡単に剥けるピーラーもありますよ。 愛媛いよかん大使が試食のお手伝い。「酸がなくて美味しいよ!」とお客様も満面の笑み。
JA全農えひめ東京駐在員も積極的に試食を勧めます。 販売担当果実第3事業部の山田による競売。
JA全農えひめ東京駐在員も積極的に試食を勧めます。
販売担当果実第3事業部の山田による競売。

 

 

商品情報

 

商品名 いよかん
産地 愛媛県
出荷者

JAえひめ南・JAひがしうわ・JAにしうわ

JAえひめ中央・JAおちいまばり

主な出回り期間

1月〜3月

荷姿 DB10kg

 

いよかんの他に認知度が高いポンカン・せとか・甘平も同じくピークを迎え、店舗の棚に様々が柑橘類が並ぶのは見て楽しい、食べて美味しい良い時期と言えます。

 

JA全農えひめ園芸部 渡部部長
渡部部長
「本年度のいよかんの出荷量は昨年並みの27,000tで現在、順調な生育です。2月は大玉中心の出荷となり、3月に入ると弥生紅の出荷が始まり中下旬までの販売になります。また品質においては糖度の上がりは良く、酸切れも良く仕上がっていますので宜しくお願いいたします。」(JA全農えひめ園芸部 渡部部長のお話し)

 

 

 

  •  果実第3事業部 山田
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ