東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > JA全農長野レタス試食宣伝会

2018年5月15日
JA全農長野レタス試食宣伝会
【14日開催】
〜生育前進!前年よりも早いペースで増量中!〜

 

長野県産レタスのシーズンが始まりました!入荷量急増中です!
長野県産レタスのシーズンが始まりました!入荷量急増中です!
(左から)JA全農長野東京販売事務所の黒岩さん・井出所長・岡村考査役
弊社洋菜販売担当部署の馬場・島根マネージャー・酒井

 5月14日(月)早朝、東京青果卸売場にてJA全農長野によるレタス試食宣伝会が開催されました。

 

 長野県では標高差の大きさを生かし、準高冷地・高冷地とリレーしながらレタスの栽培・出荷を行っています。

 本年産の長野県産レタスは早場の産地より、例年通り4月20日過ぎから東京市場に入荷開始となり、順次、出荷産地も出揃ってきました。本年産は3月〜4月の天候に恵まれ、生育が前進したことから各産地とも増量ペースも早まっています。

 

 例年よりピーク入りも早まる予想からJA全農長野では、昨年より10日ほど早く試食宣伝会を開催し、長野県産レタスのシーズン到来をアピールしました。

 

会場風景

 

長野県産レタスはみずみずしく、高原育ちならではの甘さが特徴です。

長野県産レタスはみずみずしく、高原育ちならではの甘さが特徴です。

食感、色合いが異なるレタスとサニーレタスを組み合わせることで、より美味しいレタスサラダの出来上がり。
さっぱり爽やかなキューピー「レモンドレッシング」はレタスの甘さを引き立てます。
食感、色合いが異なるレタスとサニーレタスを組み合わせることで、より美味しいレタスサラダの出来上がり。 さっぱり爽やかなキューピー「レモンドレッシング」はレタスの甘さを引き立てます。
レタスはサラダ商材の定番中の定番の品目です。いまの時季から9月まで主力となる長野県産レタスの試食とあって、お客様の注目度は高く、大勢の方が試食コーナーに足を運んで下さいました。

試食品はレタスとサニーレタスにドレシングをかけただけのシンプルなメニューですが、それだけに素材の良さが伝わってきます。「美味いレタスだね」「シャキシャキして美味いね」等々お褒めの言葉をいただきました。

お客様に試食を呼びかける入社2年目の馬場。リーフ系レタス、セルリー、アスパラ等の販売チームに所属しています。
お客様に試食を呼びかける入社2年目の馬場。リーフ系レタス、セルリー、アスパラ等の販売チームに所属しています。

 

 

商品情報

 

商品名 レタス
出荷者

JA洗馬・JA佐久浅間・JA松本ハイランド

JA信州うえだ・JA信州諏訪
JA長野八ヶ岳・JA川上そ菜販売・JA川上物産

主な出回り期間

5月〜10月( 例年ピークは7〜8月)

主な荷姿

10kg L(16玉・18玉)

キャンペーンのお知らせ


【上記画像をクリック】

信州春野菜でらくらくレシピ

キャンペーン

応募期間:2018年5月10日〜6月13日

クイズに答えると信州の野菜・牛肉等が当ります。

上記HPには信州野菜のレシピも紹介されています。

 

現在のレタス等の作柄状況について、JA全農長野東京販売事務所の岡村考査役は「いま出回っているレタスの産地は準高冷地ですが、5月最終週からはさらに標高の高い産地からも出荷始まります。総体の生育進度は例年に比べ、7〜10日ほど進んでいるため、出荷開始直後からまとまった量が出てくると見込んでいます。ピーク入りも前進化し、6月第2週からピーク期に突入する見通しです。リーフ系レタス、ハクサイ、セルリー、ブロッコリーなどの生育も前進傾向で推移しています」とお話し下さいました。

 

高原育ち!こちらの品目もこれから出荷最盛期を迎えます。

 

  • 野菜第1事業部 レタス担当:島根・石川
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ