東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 平成30年度JAこまち桜桃トップセールス
トピックス一覧

2018年6月26日
秋田県JAこまち桜桃トップセールス
〜高品質さくらんぼの代名詞「三関さくらんぼ」〜

 

ミスフレッシュ秋田県青果物キャンペーンガールの大友美鈴さん
秋田県湯沢市の三関・須川地区は雄物川の清流と、昼夜の寒暖差が大きい気候風土により高品質なさくらんぼ産地としてその名を知られています。写真はミスフレッシュ秋田県青果物キャンペーンガールの大友美鈴さん。

 

 6月26日(火)、東京青果卸売場にて『平成30年度JAこまち桜桃トップセールス』が開催されました。産地よりJAこまち遠田代表理事専務・湯沢市山内副市長をはじめ、産地関係者の皆様が来場され、試食品を提供しながらJAこまち産『三関さくらんぼ』の品質の高さを市場関係者にアピールしました。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
JAこまち 遠田 武 代表理事専務
湯沢市 山内 信弘 副市長

 

遠田代表理事専務
遠田代表理事専務
 
山内副市長
山内副市長
昨年は雹害により大きな打撃を受けましたが、皆様のおかげで回復することが出来ました。励ましの言葉も多く頂き、ありがとうございました。本年産のさくらんぼは色乗りが良く、美味しく仕上がっています。JAこまちにとってさくらんぼは年間を通して一番最初に出荷されるトップバッターの商材です。本年度の販売に弾みが付くように、しっかりとした商品を出荷していきますので、どうぞよろしくお願いします。   本日は『三関さくらんぼ』販売拡大運動の一環として、市場の皆様に自慢のさくらんぼをピーアールする場を設けていただき、ありがとうございます。現在、産地では収穫の最盛期となっており、生産者一丸となって全国に『三関さくらんぼ』をお届けするためにがんばっております。これまでも高い評価を頂いておりますが、是非この機会に味を確かめて販売拡大していただきますようお願いいたします。

 


会場風景

 

お客様に声をかけながら試食提供する山内副市長。
試食会の開始と同時に大勢のお客様が会場にお越しくださいました。お客様に声をかけながら試食提供する山内副市長。
今年は着色が良く、豊作基調となっています。
今年は着色が良く、豊作基調となっています。「お買い上げよろしくお願いします」と、遠田専務。
お客様に『三関さくらんぼ』の生産地である湯沢市(JAこまち)について説明
お客様に『三関さくらんぼ』の生産地である湯沢市(JAこまち)について説明する全農秋田県本部の武藤部長。
JAこまち桜桃部会の小嶋洋平さん・奥山真希さんと弊社販売担当木原
JAこまち桜桃部会の小嶋洋平さん・奥山真希さんと弊社販売担当木原。

 

 今回のトップセールスに合わせて産地からは生産者ごとに選りすぐりの化粧箱17点が出荷され、一箱ずつ競売が行われました。

事前に仲卸の方々による審査が行われました。
事前に仲卸の方々による審査が行われ、金・銀・銅賞が選ばれました
盛り上がった競売
これぞ、という一箱を手に入れるために激しい競り合いが繰り広げられました。
競売を行う木原と帳付けの石井マネジャー。
競売を行う木原と帳付けの石井マネジャー

 


商品紹介

 

品名 露地さくらんぼ
産地

秋田県

出荷者

JAこまち

主な出回り期間

6月中旬〜7月上旬

 

中心荷姿は500g化粧箱。
中心荷姿は500g化粧箱。
果物の宝石とも称される美しさ。
果物の宝石とも称される美しさ。

 

 本年の作柄についてJAこまち営農経済部園芸畜産課の小坂課長は「開花時が好天となったこともあり、とても作柄が良い年です。「佐藤錦」の出荷は6月中旬から始まっており、間もなくピークを迎えます。生育は前年よりも早めですが、「紅秀峰」は7月に入ってからのスタートとなります。当産地のさくらんぼは数量では他産地に負けてしまいますが、その分厳しい選果基準を設けて品質にこだわった生産をしております。外観の美しさはもちろん、食べた際の美味しさにも自信があります。」と、お話くださいました。

 


産地関係者の皆様と弊社泉専務

産地関係者の皆様と弊社泉専務

 

 

  • 果実第1事業部 木原
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ