東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 【Today's photo】富士食品工業の小粒大豆もやし
トピックス一覧

2018年7月1日
【Today's photo】富士食品工業の小粒大豆もやし 

 


先日、民放の健康番組で健康効果が紹介されたこともあり、注目が高まっている小粒大豆もやし。大豆を種子としているので、「大豆サポニン」「大豆イソフラボン」「大豆たんぱく質」などの機能性成分が豊富に含まれています。

 

 7月2日(月)早朝、東京青果卸売場にて富士食品工業株式会社の小粒大豆もやし試食宣伝会が開催されました。

 小粒大豆もやしは大豆を種子として使用しており、緑豆を種子とする一般的なもやしとは味わいも異なる商品です。加熱しても食感がしっかりしているので、炒め物やスープなどの料理に使われますが、ご飯を小粒大豆もやしで置き換えたドリアなども人気があるそうです。


試食メニューは韓国料理でもおなじみのナムル。大豆もやしの魅力である食感を生かした逸品です。

袋にもレシピが印刷されています。3分ほどゆでてから、ごま油・塩・こしょう・しょう油などで和えるだけで簡単に作れます。
もやし生産者協会ホームページ
もやし生産者協会のホームページには、生産方法やレシピなどもやしに関するあらゆる情報が掲載されています。
写真をクリックすると別ウィンドウで開きます】

 

 

商品情報

 

商品名 小粒大豆もやし
出荷者 富士食品工業株式会社
量目と入り数

200g×12入り

 

納豆などにも使われている小粒の大豆を原料とする小粒大豆もやし
納豆などにも使われている小粒の大豆を原料とする小粒大豆もやしは富士食品工業の栃木工場で生産されています。
パッケージには鮮度保持効果の高い「P-プラス」を使用
パッケージには鮮度保持効果の高い「P-プラス」を使用。冷蔵庫に入れれば5日程度は新鮮さがキープされます。
富士食品工業のもやしといえば、ぶんぶく茶釜の狸のイラストで御馴染み
富士食品工業のもやしといえば、ぶんぶく茶釜の狸のイラストで御馴染み。小粒大豆もやしにも描かれています。

 

 

 


富士食品工業の磯部さん・菅沼さんと弊社販売担当加藤

 

  •  野菜第2事業部 加藤
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ