東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 沖縄県産『トロピカルフルーツ』トップフルーツ2018
トピックス一覧

2018年7月10日
沖縄県産『トロピカルフルーツ』トップセールス2018 【7日開催】
〜沖縄県の「ぬちぐすい(命の薬)」なフルーツ〜

 


沖縄県、JAおきなわ、生産者代表の皆様、ミス沖縄2018スカイブルー、沖縄県農林水産物のキャラクター「イーサーくん」が来場されました。
見ているだけでも楽しいカラフルな展示品の数々。沖縄県産トロピカルフルーツを代表するマンゴー、パインアップル、パッションフルーツが勢揃い。

 

 7月7日(土)、七夕の日に東京青果卸売場にて沖縄県産『トロピカルフルーツ』トップセールスが開催されました。

 関東甲信地方は3週間ほど早く、6月29日に梅雨明けし、連日、暑い日が続いています。トップセールス当日は、沖縄県富川副知事、JAおきなわ大城理事長、マンゴー、パインの生産者の方々、ミス沖縄2018スカイブルー、沖縄県農林水産物のキャラクター「イーサーくん」など産地関係者が多数来場し、出荷本格化を迎えた沖縄県産『トロピカルフルーツ』をアピールしました。

 本年のトップセールスは梅雨明け後の開催とあって、早朝から汗ばむ暑さの中、トロピカルムード満点のイベントとなりました。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
沖縄県 富川 盛武 副知事 
JAおきなわ 大城 勉 代表理事長

ミス沖縄2018ブルースカイ

山城 美希さん

 

富川副知事
 
大城理事長
 
沖縄県産トロピカルフルーツの魅力は完熟したものを収穫し、新鮮なままお届けして、美味しく召し上がっていただける、ということでございます。皆様には試食をご賞味いただき、本県産トロピカルフルーツの魅力を小売店、消費者に積極的にお伝えいただきますようお願い申し上げます。沖縄県は、今後ともマンゴー、パインアップルを始めとする県産農産物の生産拡大と安定出荷に取り組んでまいりますので、引続き販売促進にご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。   本日は沖縄県産トロピカルフルーツを代表するマンゴー、パインアップルを持ってまいりました。先ほどの試食では皆様に高い評価いただきました。今シーズンのマンゴーにつきましては、収量は若干落ち込んでいる状況ではありますが、色回りも良く、糖度も高く、仕上がりは順調です。パインアップルについても甘さと酸味のバランスが素晴らしく、食味は良好でございます。JAおきなわでは、責任を持って新鮮な果実を全国に。安定的にお届けすることをお約束いたします。

 

 

ミス沖縄山城 美希さん
  今年もトロピカルフルーツが美味しい季節がやってまいりました。「ぬちぐすい」という 沖縄の方言は、命の薬、という意味で、美味しい食べ物や心が温まるような出来事を言います。本日は皆様に沖縄県産トロピカルフルーツを召し上がっていただき、「ぬちぐすい」を感じていただきたく存じます。全国の方々にもトロピカルフルーツとともに夏の楽しみを増やしていただけると嬉しく思います。
 
 

 

 

 

 

会場風景

 

 

 特設会場では、マンゴーとパインアップルの試食、トロピカルフルーツや生産者のパネル展示が行われました。南国の果実特有の甘い香りはお客様を引き寄せ、試食終了ギリギリまで試食コーナー周辺は大勢の人々で賑わっていました。

 

今回のパインアップルの試食には、ピーチ、ボゴール、ゴールドバレル、サンドルチェ、ハワイの5品種が提供されました。形状や香り、果肉の色や食感、糖酸のバランスなど個性の異なる国産パインアップルの食べ比べができるのも沖縄県のトップセールスならでは。

 

試食開始と同時に試食コーナーにはお客様が殺到しました。 ミス沖縄の山城さんは人込みの中、華麗な身のこなしで試食をおすすめ。
パインアップルは品種名を提示。5品種が一同に展示される貴重な機会となりました。 「パッションフルーツ、美味しいよね」と国産トロピカルフルーツも認知度は高まっています。

 

「石垣島中心に栽培されている“八重山産パイン”は糖度と酸度のバランスが優れています。とても美味しいパインです。“八重山産パイン”をぜひ、食べてみてください」(JAおきなわ八重山地区パイン生産部会川原支部 添盛支部長)

【画像左】添盛支部長と弊社販売担当の黒岩)

 

 

商品情報

 

「現時点では台風8号の影響は予測できませんが、沖縄県産果実は台風7号の被害もなく、いま順調に出荷しています。沖縄県では7月がマンゴーの出荷最盛期となります。7月15日の沖縄県産「マンゴーの日」をよろしくお願いします」(JAおきなわ営農販売部 平田次長)

 

 

 

 

ゴーヤ、いんげん、とうがん、オクラ、レタスetc

沖縄県産野菜も多数、東京市場に入荷しています。

大城理事長・上江洌常務と弊社村野常務・横山副部長(野菜第1事業部)

最高値で「美らマンゴー」を競り落とした仲卸業者との記念撮影

「本年産のマンゴーは前年の収穫時期の遅れが影響し、生産量は前年を下回る見通しですが、太陽の光をたっぷり浴びて美味しく育っています。糖度ののり、着色、肥大とも順調です」(JAおきなわ豊見城支店果樹生産部会 富銘会長)【最左】

 

  • 果実第4事業部 黒岩
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ