東京青果株式会社

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 平成30年『キュウリビズ』キャンペーン オープニングセレモニー
トピックス一覧

2018年7月19日
平成30年『キュウリビズ』キャンペーン オープニングセレモニー
〜東北のきゅうりで、猛暑を乗り切ろう!〜

 

 7月19日(木)、東京青果卸売場にて平成30年『キュウリビズ』キャンペーンオープニングセレモニーが開催されました。

 毎年恒例となった夏のきゅうりイベント、『キュウリビズ』キャンペーンが今年も始まりました。「クールビズ」から着想された『キュウリビズ』は、体を冷やす効果があるというきゅうりを食べて夏の暑さを乗り切ろう、というキャンペーンです。夏季の主力産地である東北6県(青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)合同で行われ、大田市場でのオープニングセレモニーを皮切りに消費拡大に向けた取り組みが展開されます。この日は東北6県の代表者の皆様が来場し、きゅうりの試食を通して『キュウリビズ』キャンペーンの始まりと夏きゅうりのシーズン本番をPRされました。

東北6県、各県本部の代表者の皆様。

東北6県、各県本部の代表者の皆様。左から【全農青森県本部】太田 県本部長・【全農岩手県本部】高橋 副本部長・【全農宮城県本部】大友 県本部長・【全農秋田県本部】杉山 県本部長・【全農山形県本部】長谷川 副本部長・【全農福島県本部】猪股 県本部長

 

ご挨拶いただいた産地代表者

全農宮城県本部 大友 県本部長

 

大友県本部長

全農宮城県本部 大友 県本部長

 

 日頃は東北の農産物をご愛顧いただき誠にありがとうございます。東日本大震災より7年が経過しました。皆様方からいただいたご支援に改めて感謝を申し上げます。また、西日本を中心とした豪雨により被害を受けられた方々に心からお見舞いを申し上げますとともに、1日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。さて今年もキュウリビズの季節がやって参りました。11年目を迎えることになります。東北地区が一丸となって夏秋のきゅうりを皆様にお届けする一大イベントです。8月には市場のきゅうりの大半を東北産が占めるようになります。今年は大変な猛暑になりますが、きゅうりを食べて厳しい夏を乗り切っていただきたいと思います。

 

会場風景

 

各県のキャンペーンレディの皆様もPRに参加。

氷桶に盛られた胡瓜が冷涼感をもたらします。『キュウリビズ』のポスターにもこのイメージが使われています。

氷桶に盛られたきゅうりが冷涼感をもたらします。『キュウリビズ』のポスターにもこのイメージが使われています。

試食は1本まるごと提供。県ごとに味比べして全県制覇を試みる顧客も。試食は1本まるごと提供。県ごとに味比べして全県制覇を試みる顧客も。   キャンペーンレディからも胡瓜が手渡されます。
キャンペーンレディからもきゅうりが手渡されます。
この日も朝から高気温。大勢のお客様が涼を求めて会場に集まりました。この日も朝から高気温。大勢のお客様が涼を求めて会場に集まりました。   各県自慢の胡瓜が展示されています。
各県自慢のきゅうりが展示されています。
胡瓜につける味噌も各県それぞれ。胡瓜と味噌で水分と塩分を摂取。これで猛暑が乗り切れる!きゅうりにつける味噌も各県それぞれ。きゅうりと味噌で水分と塩分を摂取。これで猛暑が乗り切れる!   ゆず味噌や大葉味噌、にんにく味噌などバリエーション豊かです。
ゆず味噌や大葉味噌、にんにく味噌などバリエーション豊かです。

 

商品情報

 

商品名 きゅうり
産地 青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県
出荷ピーク

7月下旬〜8月中旬

 

 東北産は7月中旬までは少なめの出回りでしたが、下旬からは露地物の出荷が本格化して増量となる見込みです。

  青森産胡瓜

 

  • 野菜第4事業部
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ