東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 山梨県南アルプス市・JA南アルプス市合同トップセールス
トピックス一覧

2018年7月20日
山梨県南アルプス市・JA南アルプス市合同トップセールス

南アルプス市特産品貴陽・桃のお届け 〜

 

最優秀賞には南アルプス山脈にちなんだ『北岳賞』、優秀賞には『間ノ岳(あいのだけ)賞』『農鳥岳(のうとりだけ)賞』が山岳写真の前に並びました。

 

 7月20日(金)山梨県南アルプス市とJA南アルプス市によるトップセールスが開催されました。


JA南アルプス市は内陸性気候のため寒暖差が大きく果物の生産に適した環境の中で、さくらんぼを始めとしてスモモ・桃・ぶどう・キウィ・干し柿等の食味が良い青果物を出荷しています。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
南アルプス市  金丸 一元市長
JA南アルプス市  小池 通義代表理事組合長

 

 

今日は山梨から貴陽・桃のトップセールスにやって来ました。南アルプス市は山梨の甲府盆地西に位置し南アルプスの裾野に広がる肥沃な扇状地です。とても水はけの良い土地で果実栽培にとても適しています。生産量日本一の貴陽はギネスで『世界一重い』スモモとして認定されています。非常に甘く、デリシャスで果肉が黄色い美味しいスモモ、貴陽です。また桃も同時にお願い致します。

金丸市長

 

 

今日は南アルプス市生まれ南アルプス市育ちの貴陽をお持ち致しました。また昨日品評会を行ないその中で優秀品10点を展示させて頂きました。展示品最優秀賞には南アルプスにちなみ『北岳賞』優秀賞には『間の岳賞』とさせて頂いております。今年は非常に表現が出来ないくらいに暑さが続いており生産者も苦労しております。画家さんの色付けと同じように青と赤を組み合わせ生産者も貴陽の色「紫」着色に苦労しております、どうぞご配慮の程宜しくお願い致します。
小池組合長

 

 


会場風景

 

試食会場には前日に品評会で選りすぐられた10点の展示と、全国から募集したフルーツ川柳の上位3句がお披露目されました。

 

南アルプス市商工会(広報課)が全国から募集したフルーツ川柳がお披露目されました。秋には『柿の日』川柳もあるので楽しみですね。

 

 

貴陽と桃の試食が振舞われました。 JA南アルプス市産の桃、貴陽の説明をする手塚課長。
貴陽の美味しさを味わっていただこうと手塚販売部長とやまなしフルーツレディー石川さんが試食を勧めます。

 


石井マネージャーの競売で次々と展示品が競り落とされました。最後競売にかけられたのは最優秀賞の『北岳賞』(写真右)。なんと1玉平均278g、糖度は17.77度!

買参人とセリ人の競売のやりとりを終始真剣に見守る産地関係者の皆様

 


商品情報

 

商品名 貴陽
産地 山梨県
出荷者

JA南アルプス市

出回り期間

7月中旬〜8月上旬

 

 

 

生育について、JA南アルプス市 営農指導部 営農指導課手塚課長は、「本年の作柄は良く、過去に最大と言われた年と同じ生産量になるくらいに豊作年です。本日品評会で審査された貴陽は平均糖度で16度を下回るものはなく、逆に20度を越えるものがあり産地としても驚いています。来週から出荷ピークに入り8月初旬までの10日間は3L中心にしっかりあります。また8月お盆には太陽が出荷ピークになりますので引き続き宜しくお願い致します。」とお話しくださいました。

 

 


金丸市長、小池組合長をはじめ産地関係者の皆様と
弊社果実第1事業部福川取締役部長


 

  • 果実第1事業部 木原
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ