東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 茨城県筑西市&JA北つくば『幸水梨』トップセールス
トピックス一覧

2018年7月31日
茨城県筑西市&JA北つくば『幸水梨』トップセールス
下館・関城の幸水梨を宜しくお願い致します!〜

 

筑西市須藤茂市長、JA北つくば吉川君男組合長を中心に下館・関城共選場の職員の皆様と弊社販売担当宮崎(関城)と渡邉(下館)
筑西市須藤茂市長、JA北つくば吉川君男組合長を中心に下館・関城共選場の職員の皆様と弊社販売担当宮崎(関城)と渡邉(下館)

 

 7月31日(火)東京青果卸売場にて茨城県JA北つくば『幸水梨』のトップセールスが開催されました。

開催にあたり、筑西市須藤茂市長とJA北つくば吉川君男代表理事組合長をはじめ下館梨共同選果場・関城梨共選場の方々が来場され、『幸水梨』の試食宣伝を行いました。

 

代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
筑西市 須藤 茂市長
  JA北つくば 吉川 君男代表理事組合長

 


筑西市 須藤 茂市長

 茨城県筑西市は筑波の西に位置し、今日は下館地区・関城地区にあるJA北つくばの組合長ほか生産者の皆様方と『幸水』、幸せな水を食べて頂きたくやって参りました。今年は梅雨明けも早く、梨の開花も早くなったため梨の生育を心配しておりましたが、今日こちらにおります生産者の方々が愛情・丹精込めた梨、甘味の強い梨を多くの方々に食べて頂きたく思います。

 

 

JA北つくば 吉川組合長
JA北つくば 吉川組合長

 

 大田市場の皆様、買参人の方々には日頃より北つくばの青果物をお取引頂き誠に有難うございます、本日は『幸水梨』の消費宣伝に参りました、北つくば管内において梨の歴史は古く江戸末期、1880年代から栽培をしております、今年は春から天候に恵まれ順調な出荷を向えることが出来ました、また先日の雨によって水分・肥大も良く糖度・シャリ感のある梨をお届けできますので宜しくお願い致します。

 

会場風景

 



左から下館婦人部の宮田英子さんと宮田正子さん、関城婦人部の鵜川さんと中川さんが試食宣伝会応援のために来場されました。

 

 


台風一過の蒸し暑い場内の中での試食会となりましたが、多くのお客様に足をお運びいただきました。

 

 


試食では下館と関城2地区の幸水梨をご用意。婦人部の皆さんがフットワーク軽く試食品をお客様へ勧めます。

 

商品情報

 


 

幸水梨の作柄について、JA北つくば関城支店営農経済課笠井課長は、「今年の『幸水梨』は病害虫の発生が少なく、雨が少ないため小玉傾向ですが28玉中心の32玉になります。出荷は今週から来週がピークになり、糖度の高い幸水梨を8月15日頃まで出荷できると思います。また20日頃より豊水梨の出荷が始まります。」とお話しくださいました。

 

  • 果実第4事業部 宮崎・渡邉 
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ