東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 茨城県JA常総ひかり『下妻の梨』トップセールス
トピックス一覧

2018年8月2日
茨城県JA常総ひかり『下妻の梨』トップセールス
〜下妻からの贈り物、高糖度自慢の梨が生育順調です〜

 

8月2日(木)、東京青果卸売場にて茨城県JA常総ひかり『下妻の梨』トップセールスが開催されました。

 8月2日(木)、東京青果卸売場にて茨城県JA常総ひかり『下妻の梨』トップセールスが開催されました。

 JA常総ひかりでは、糖度センサーにより選別された高糖度・高品質な梨を産出しています。昨年には全国に先駆けてベトナム・ホーチミンに輸出され、2017年度は他国への輸出も合わせて合計110tもの輸出量を達成しています。

現在、「幸水」の出荷ピークを迎えていますが、これからシーズン本番に突入する『下妻の梨』をピーアールするべく、茨城県下妻市とJA常総ひかりから関係者の方々が来場されトップセールスイベントが開催されました。

甘さに定評のある『下妻の梨』。現在の品種は「幸水」。

甘さに定評のある『下妻の梨』。現在の品種は「幸水」。

 

ご挨拶いただいた産地代表者

下妻市 菊池 博 市長

JA常総ひかり 塚本 治男 代表理事組合長
茨城県議会 飯塚 秋男 議員

 

 本日ご試食いただいたとおり、しっかりした甘みとシャリシャリ感のある『下妻の梨』ができあがりました。生産者をはじめとする皆様のおかげです。台風が通過しましたが、『下妻の梨』はしっかりと木にしがみついて無事でした。これが恵みの雨となり、さらに甘みが増しております。市場の皆様には暑さを吹き飛ばすようなお買い上げをいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

下妻市 菊池市長

下妻市 菊池市長

 

 

JA常総ひかり 塚本組合長

JA常総ひかり 塚本組合長

 

 昨年はJA常総ひかりの青果物販売高100億円越えとなり、2年連続で達成ができました。今年は3年目となりますが、梨の栽培面積は縮小傾向にあります。来年の栽培意欲につながるように、皆様方にはお力添えをお願い申し上げます。今年も『下妻の梨』をたくさん食べて暑い夏を乗り越えていただきたいと思います。

 

 茨城県は大田市場での売上高が14年連続でトップでございます。皆様方にはあらためて御礼を申し上げます。茨城県は今年から営業戦略部を立ち上げまして、県の農産物を全国に売り込むべく活動しております。今日のトップセールスもその一環であります。今年の梨は瑞々しく、一段と甘みを持った出来となっておりますので市場の皆様には自信を持って販売をしていただけると思います。

 

茨城県議会 飯塚議員

茨城県議会 飯塚議員

 

 

会場風景

 

菊池市長が会場を回り、買参人に試食を勧めます。

菊池市長が会場を回り、買参人に試食を勧めます。

甘みの乗ったシャリシャリ感あふれる幸水梨をどうぞ!

甘みの乗ったシャリシャリ感あふれる幸水梨をどうぞ!

品質が自慢の『下妻の梨』を味わっていただくべく、試食には沢山の梨が用意されました。品質が自慢の『下妻の梨』を味わっていただくべく、試食には沢山の梨が用意されました。   試食の開始前から大勢のお客様が集まり、瞬く間に試食品の山が小さくなっていきます。
試食の開始前から大勢のお客様が集まり、瞬く間に試食品の山が小さくなっていきます。
大田市場買参人も「この甘さなら充分だね」と納得の味。大田市場買参人も「この甘さなら充分だね」と納得の味。   下妻の梨のキャラクター「なしっぺくん」と共に。
下妻の梨のキャラクター「なしっぺくん」と共に。

 

商品情報

 

商品名 下妻の梨(幸水)
産地 茨城県
出荷者 JA常総ひかり 下妻
出回り期間

幸水:8月上〜中旬  豊水:8月下旬〜9月中旬
あきづき:9月中〜下旬 新高:9月中旬〜10月上旬

中心荷姿 10kgダンボール

 

 本年産の生育についてJA常総ひかり塚本組合長は「本年産は開花が10日ほど早く前進傾向です。病害虫は少なく、台風の影響もなく生育中です。生産者の技術の向上と天候に恵まれたこともあり、玉伸びも順調に進んで素晴らしい出来上がりとなっています。」とお話しくださいました。

 

下妻の梨   リーフレット

 

  • 果実第4事業部 伊藤(康)
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ