東京青果株式会社

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 平成30年度JAふえふきシャインマスカット品評会
トピックス一覧

2018年8月23日
JAふえふき「シャインマスカット」品評会およびトップセールス
〜農協全体として品質・栽培技術の向上を確認〜

 

大田市場でのシャインマスカットトップセールスを行ったJAふえふき&笛吹市の皆様
前日に産地で開催した「シャインマスカット」品評会の出展品を携えて来場され、大田市場でのトップセールスを行った産地関係者の皆様。左より笛吹市小宮山部長、JAふえふき中村専務・五味部長・小池組合長・高野課長・志村課長、フルーツレディ三澤さんと弊社販売担当神道(じんどう)。

 

 8月23日(木)、東京青果卸売場にて山梨県JAふえふき「シャインマスカット」試食宣伝会&トップセールスが開催されました。産地よりJAふえふき 小池組合長をはじめ、行政・農協関係者の皆様が来場され、「シャインマスカット」の取引拡大をアピールしました。

 

代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
JAふえふき 小池一夫代表理事組合長

 

 

挨拶されるJAふえふき小池組合長
日頃より、JAふえふきの農産物をご愛顧いただきましてありがとうございます。当地域は甲府盆地にあり、典型的な落葉果樹の生育適地と言われていますが、それでも本年の猛暑は大変厳しいものでした。その中でも生産者の努力があって高品質で美味しい「シャインマスカット」に仕上げることができました。本格的な出荷が始まるのを前に、昨日産地では『シャインマスカット品評会』を開催しました。管内各支所から35点が出品され、審査の結果上位のものだけを本日ここにお持ちしました。この後競売を行いますのでしっかりと評価していただければと思います。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

会場風景

 

  会場には前日に産地で開催された「シャインマスカット」品評会で高評価を得た上位21点が展示されました。

特設会場には品評会の上位21点が展示され
特設会場には品評会の上位21点が展示され、競売前には1箱ずつ下見をされるお客様の姿も見られました。すっかりおなじみとなったラッピングトラックも登場。

 

お客様にシャインマスカットを売り込む小池組合長
試食会がスタート。小池組合長が先頭に立ってお客様にシャインマスカットを売り込みます。
笑顔で爽やかに試食提供するやまなしフルーツレディの三澤さん
非常に蒸し暑い朝でしたが、笑顔で爽やかに試食提供する やまなしフルーツレディ の三澤さん。
会場の中央には最優秀賞1点・優秀賞2点が展示
会場の中央には最優秀賞1点・優秀賞2点が展示されました。この3点は桐箱入りです。
会場に並べられたJAふえふきのシャインマスカット
農協全体としての技術・品質の向上を目的とした品評会なので、あえて生産者名などは表記していないそうです。
最優秀賞は果物販売のプロも思わず見入るほどの仕上がり
最優秀賞は果物販売のプロも思わず見入るほどの仕上がり。品評会には『富士の国やまなしの逸品農産物(うんといい山梨さん)』の認定基準を満たしたものが出品されています。
前年(平成29年度)農林水産大臣賞を受賞した生産者の「シャインマスカット」
会場には前年(平成29年度)農林水産大臣賞を受賞した生産者の「シャインマスカット」も展示されました。クリアケースに入れられ、まるで宝石のよう。

 

 会場内の展示品は小池組合長による挨拶終了後に1箱ずつ競売が行われました。

 

テンポ良く販売する神道。
担当者の神道がテンポ良く販売していく様子を産地の皆様と大勢のギャラリーが見守ります。
積極的に手を上げる仲卸の方々
高品質なシャインマスカット揃いということで積極的に手が上がります。

 

商品情報

 

商品名 シャインマスカット
産地 山梨県
出荷者 JAふえふき
主な出回り時期 8月中旬〜10月中旬

 

3kg箱に3房入のオリジナル化粧箱で出荷
3kg箱に3房入のオリジナル化粧箱はこの品評会だけのために用意された荷姿です。
  ボリューム感もあって美しい房形
ボリューム感もあって美しい房形に仕上げるには開花時期の房作りや摘粒などの高い技術が必要です。

 

 

 本年の作柄についてJAふえふき指導販売部の高野指導課長は「他の夏果実と同様に、ぶどう類全般も約1週間ほど生育が早くなっています。「シャインマスカット」も早い地区では8月お盆前から出荷開始となりました。8月下旬から9月上旬にかけてが出荷のピークで、10月中旬頃にはほぼ終了する予定です。猛暑・乾燥・強風など本年も栽培を取り巻く環境は非常に厳しいものでしたが、日焼け防止のカサ掛けや圃場の潅水、新梢管理などの指導を徹底し、生産者の努力があってここまでの商品に仕上がったと思います。出荷量は前年の1割増を見込んでいます。」と、お話くださいました。また、「シャインマスカット」の生産量は全国的に増加しており、産地間や各支所間での品質格差が課題となっていますが、「本年でJAふえふきの品評会は4年目となりますが、年々品質が向上してきていますし、農協全体としてレベルアップしているのを感じています。(高野課長談)」とのことでした。

  

小池組合長・中村専務と弊社泉専務

小池組合長・中村専務と弊社泉専務

  • 果実第2事業部 神道・佐藤
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ