東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 平成30年度JA南アルプス市シャインマスカット品評会
トピックス一覧

2018年9月4日
JA南アルプス市「シャインマスカット」品評会およびトップセールス
〜各地区で厳選された10点が出品されました〜

 

大田市場でのトップセールスを行った産地関係者の皆様
前日に産地で開催した「シャインマスカット」品評会の出展品を携えて来場され、大田市場でのトップセールスを行った産地関係者の皆様。左より南アルプス市樋川農林部長、JA南アルプス市小池組合長・深澤理事・小林副部会長・功刀ぶどう専門委員長・手塚指導課長、フルーツレディ石川さん。

 

 9月4日(火)、東京青果卸売場にて山梨県JA南アルプス市「シャインマスカット」試食宣伝会&トップセールスが開催されました。産地よりJA南アルプス市 小池組合長をはじめ、行政・農協関係者の皆様が来場され、「シャインマスカット」の取引拡大をアピールしました。

 

代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
JA南アルプス市 小池通義代表理事組合長
南アルプス市 金丸一元市長(樋川農林部長による代読)

 

小池組合長   樋川農林部長
小池組合長
 
樋川農林部長
本年は果物全般に生育ステージが早く、「シャインマスカット」においても8月中で出荷終了となる生産者もおりましたが、当産地は標高差もありますので、まだまだこれからが出荷の最盛期となります。この品評会も本年で4回目の開催です。ご覧いただいておりますようにまさに生産者のアート作品とも言える素晴らしい仕上がりですが、どうぞ食味も含めて皆様の感想や忌憚ない意見をお聞かせいただきたいと思います。皆様のニーズに応えられる産地、より多くの数量を安定した品質で出荷できる産地としてこれからもよろしくお願い申し上げます。   日頃より南アルプス市の青果物をお取扱いいただきまして、ありがとうございます。「シャインマスカット」は現在もっとも力を入れている果物であります。会場には昨日の品評会の出展品が並んでおりますが、いずれも優劣つけがたい素晴らしい仕上がりでした。今後もJA南アルプス市の「シャインマスカット」が全国レベルでのトップブランドとなれるよう、市としてもできる限りの支援を行ってまいりますので、ご愛顧よろしくお願いいたします。
(非常に大型で勢力の強い台風21号が接近しているため、急遽欠席となった金丸市長の挨拶状を代読。)
トップセールスの最後に1本締めを行うJA南アルプス市の深澤理事
トップセールスの最後に1本締めを行うJA南アルプス市の深澤理事(果実部会長)。

 

 

会場風景

 

  会場には前日に産地で開催された「シャインマスカット」品評会の出展品10点が展示されました。

品評会出品商品が並べられた会場
今回の品評会は管内各地区ごとに最高レベルの1点だけを出品する方式で行われました。まさに選りすぐりの10点が会場に並びます。

 

最優秀賞は『北岳賞』
7月の「貴陽」品評会同様、最優秀賞は『北岳賞』、優秀賞には『間ノ岳(あいのだけ)賞』『農鳥岳(のうとりだけ)賞』の名がつけられており、山岳写真も飾られました。
最優秀賞に見入るお客様
「さすが最優秀賞、玉張りも素晴らしいね。」最優秀賞は1粒重の平均が20.6gで房型もしっかり。また、平均糖度は19.2度と内容も申し分ありません。
食べやすいように1房ずつカットされたシャインマスカット
近年最大のヒット品種と言われる「シャインマスカット」はタネが無く皮ごと食べることが出来ます。
やまなしフルーツレディ の 石川せら さん
笑顔で爽やかに試食提供する やまなしフルーツレディ の 石川せら さん。山盛りのお皿があっと言う間に空っぽになりました。
販促資材も用意された試食会場
JA南アルプス市の「シャインマスカット」はミニのぼりやポスターなどの販促資材も豊富に揃います。
「シャインマスカット」にちなんだ川柳5点
会場には「シャインマスカット」にちなんだ川柳も掲示されました。

 

 会場内の展示品は小池組合長による挨拶終了後に1箱ずつ競売が行われました。

 

競売を行う石井マネジャー
担当部の石井がテンポ良く販売していきます。
最優秀賞を競り落とそうとするお客様
上位3点の受賞品では激しいバトルも繰り広げられました。

 

商品情報

 

商品名 シャインマスカット
産地 山梨県
出荷者 JA南アルプス市
主な出回り時期 8月中旬〜10月下旬

 

JA南アルプス市シャインマスカットのパック
500g以上の大房は5kgのコンテナ、それ以下はパック形態での出荷となります。
  JA南アルプス市シャインマスカットのラベルアップ
パックのラベルをよく見ると、『北岳』『間ノ岳』『農鳥岳』が描かれています。

 

 

 本年の作柄についてJA南アルプス市 営農指導部営農指導課の手塚課長は「当初は干ばつの影響などで小房傾向ではないかと心配していましたが、意外と玉張りが良かったように感じます。当産地ではモバイル糖度計を活用して圃場で糖度を測定した上で収穫日を決定しており、外観だけでなく内容の面でもお客様の期待を裏切らない商品に仕上げています。「シャインマスカット」の生産は年々拡大しており、間もなく「甲斐路」を抜いて「巨峰」に次ぐ生産量となる見込みです。8月末から9月半ばにかけて出荷のピークとなりますが、10月いっぱいはある程度まとまった数量を出荷できると思います。」と、お話くださいました。

 

JA南アルプス市販売課の相原さん、弊社販売担当木原、フルーツレディの石川さん
JA南アルプス市販売課の相原さんと弊社販売担当木原。フルーツレディの石川さんも一緒に。

 

  

小池組合長と弊社福川取締役部長

小池組合長と弊社福川取締役部長

  • 果実第1事業部 木原
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ