東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 秋田県産枝豆『あきたほのか』試食宣伝会2018
トピックス一覧

2018年9月18日
秋田県産枝豆『あきたほのか』試食宣伝会2018

〜秋だからこそ美味しい枝豆です〜
【15日開催】

秋の枝豆、『あきたほのか』をご賞味ください!

【JAこまち】村上寿勝副部会長(枝豆部会)・菅原隆聖さん(営農経済部)

【ミスフレッシュ秋田】熊谷美帆さん

【東京青果】販売担当の鈴木孝佳(野菜第3事業部)

 

 9月15(土)早朝、東京青果卸売場にて秋田県産枝豆『あきたほのか』の試食宣伝会が開催されました。

 秋田県オリジナル品種の『あきたほのか』(中晩生)は9月中旬から出荷が始まり、これから下旬にかけて出荷最盛期を迎える、まさに“秋の枝豆”です。 

 市場デビュー4年目を迎えるにあたり、東京市場での認知度をさらに高めるべく、JA全農あきた、県内各JA、秋田県の皆様が多数来場し、『あきたほのか』の美味しさをアピールしました。

 

会場風景

 

『あきたほのか』4つの特徴

■大莢で粒が大ぶり ■豊かな薫り ■コクのある濃い旨み ■秋が旬の枝豆

【上記画像をクリックするとPDFファイルが開きます】

店頭POPにご利用ください。

大莢で鮮やかな緑色、実もふっくらとした『あきたほのか』は見栄えも良し。パッケージのデザインは秋らしく、暖色系の色使いです。

 

「美味しい枝豆、あきたほのかをご賞味ください」とお客様に試食を呼びかけるJAこまちの菅原さん。 「旨みが強くて美味しいね」「粒が大きいね」「豆の香りが良いね」とお客様に好評でした。
秋田美人、ミスフレッシュ秋田から枝豆を受け取り、思わずニッコリ。 展示品もチェックしながら、「大ぶりな枝豆だね」と感心するお客様。
JA全農あきたの職員はリーフレットを配布し、『あきたほのか』をアピール。 試食コーナーの隣りに積まれた『あきたほのか』に次々と注文が入ります。

 

商品情報

 

商品名

あきたほのか

出荷者
全農あきた県南園芸センター
主な出回り期間

9月中旬〜9月末

荷姿

250g20入り

「あきた香り五葉」「あきたほのか」

「秘伝」

秋豆シリーズの特徴

レシピ

【上記画像をクリックするとPDFファイルが開きます】

 

 

本年産の『あきたほのか』の生育について、JAこまち枝豆部会の村上副部会長は「当初は生育は進んでいましたが、昨今の低温のため生育はやや遅れ気味となっています。この遅れも気温上昇によりすぐに回復してきます。枝の下方は若干実の入りは薄いのですが、粒の太りは良く、総体ではほぼ平年作といって良いでしょう。9月18日の週からピークに入る見込みです。『あきたほのか』は秋豆シリーズの主力品種であり、出荷量は増加傾向にあります」とお話しくださいました。

 

 

  •  野菜第3事業部 鈴木(孝佳)
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ