東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 >

JAグループ茨城トマト流通部会トップセールス

トピックス一覧

2018年9月22日
JAグループ茨城トマト流通部会トップセールス
【20日開催】
〜バリエーション豊かな茨城産トマト類が並びました〜

 

9月20日(木)、東京青果卸売場にてJAグループ茨城トマト流通部会のトップセールスが開催されました。

 9月20日(木)、東京青果卸売場にてJAグループ茨城トマト流通部会のトップセールスが開催されました。

 茨城県は長年、東京都中央卸売市場での青果物取扱高が日本一であり、トマト類についても栽培が盛んとなっています。特にミニトマトでは全国トップクラスの生産量を誇ります。この日はJAグループ茨城トマト流通部会から4JA(JA茨城旭村・JAほこた・JAなめがた・JA北つくば)の皆様が来場され、試食を通してトマトやミニトマト、ミディトマト等、多様なトマト類に関して販売拡大を呼びかけました。

 

ご挨拶いただいた産地代表者

JAグループ茨城 トマト流通部会 稲葉英樹 部会長

 

 朝早くから試食宣伝会にお越しいただきありがとうございます。本日は茨城のトマト産地を代表する4JAで参りました。今年は昨年同様の栽培面積をこなしております。大田市場の約5倍の面積にのぼるハウスで栽培をしています。今年の夏は非常に暑く、農家の皆様も大変頑張りました。おかげで良い仕上がりになっています。これから夏秋トマトの最盛期ということで、皆様方には一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

JAグループ茨城 トマト流通部会 稲葉部会長

JAグループ茨城 トマト流通部会

稲葉部会長

 

会場風景

とりわけ

試食品はダイショーさんの商品を使ったトマトのミネストローネスープと昆布茶和えです。試食品はダイショーさんの商品を使ったトマトのミネストローネスープと昆布茶和えです。   各農協の皆様が味見を勧めて回ります。画像はトマト流通部会の須加野副部会長。各農協の皆様が味見を勧めて回ります。画像はトマト流通部会の須加野副部会長。
ミニトマトは生食のかたちでも試食が提供されました。そのまま食べても、調理しても、どちらも美味しい食材です。ミニトマトは生食のかたちでも試食が提供されました。そのまま食べても、調理しても、どちらも美味しい食材です。   JA茨城旭村ミニトマト担当の河野。出荷の山場を迎えて販売にも力が入ります。JA茨城旭村ミニトマト担当の河野。出荷の山場を迎えて販売にも力が入ります。

 

商品情報

 

産地
茨城県
出荷者
JA茨城旭村
JAほこた JAなめがた JA北つくば
商品名

トマト

ミニトマト

ミニトマト

ミディトマト

トマト

ミディトマト

トマト

ミディトマト

 

 本年産トマト類に関しては猛暑の影響から花落ち等あり、やや少なめな出回りとなっていますが、10月は回復してくる見込みです。9月下旬から10月中旬くらいまでが出荷ピークとなります。

JA北つくば「トマト」JA北つくば「トマト」
 
JAほこた「あまエル」JAほこた「あまエル」
JAなめがた「フルティカ」JAなめがた「フルティカ」
 
JA茨城旭村「ミニトマト」JA茨城旭村「ミニトマト」

JA茨城旭村「トマト」

JA茨城旭村「トマト」

 

JAグループ茨城トマト流通部会、4JAの皆様と弊社戸塚常務、野菜2部茨城トマト販売チーム

JAグループ茨城トマト流通部会、4JAの皆様と弊社戸塚常務、野菜2部茨城トマト販売チーム

  • 野菜第2事業部
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ