東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > JAつがる弘前『夢ひかり』 初荷トップセールス2018
トピックス一覧

2018年10月2日
青森県 JAつがる弘前『夢ひかり』 初荷トップセールス

〜高糖度で厳選された弘前ふじ『夢ひかり』です〜

青森県JAつがる弘前の『夢ひかり』、本日初荷です
10月になると各産地の中生種りんごが出揃ってきます。数ある中生種の中でも高い人気を誇る『夢ひかり』。

 

 10月2日(火)、東京青果卸売場にて青森県JAつがる弘前『夢ひかり』初荷トップセールスが開催されました。産地よりJAつがる弘前 天内常務が来場され、試食を通じて今年の高品質な仕上がりをピーアールされました。 


産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者

JAつがる弘前 天内 正博 代表理事常務

 

JAつがる弘前 天内 正博 代表理事常務
日頃、JAつがる弘前の青果物をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。9月から出荷が始まった「つがる」に関しては数量・価格共に順調な取引となっておりますこと、御礼申し上げます。本日より中生種りんご『夢ひかり(弘前ふじ)』の販売が始まります。心配されていたような台風による被害も無く、自信を持って出荷できる品質内容です。我々は市場の皆様と共に発展していきたいと願っております。いよいよ30年産りんごの本格スタートとなります。よろしくお願いいたします。

 


会場風景

 


ブランドりんごのひとつとして人気の高い『夢ひかり』、試食会のスタートと同時に大勢のお客様がお越しくださいました。
全農青森東京事務所のスタッフが
全農青森東京事務所のスタッフが試食会場の設営・試食の準備を行います。
  試食会場脇のサンプルコーナー
試食会場脇のサンプルコーナーには各等級の『夢ひかり』が並べられました。
試食会場脇のサンプルコーナー
真剣にサンプルを下見するお客様。
  販売担当小山による初荷競売
販売担当小山による初荷競売は大いに盛り上がりました。

 

 

商品情報

商品名 夢ひかり
(早生ふじ品種「弘前ふじ」の中から糖度13度以上・内部褐変の有無などの基準をクリアした物)
産地 青森県
出荷者 JAつがる弘前
出回り期間 10月上旬〜11月中旬

夢ひかり(弘前ふじ)夢ひかり(弘前ふじ)
 
弘前の桜をイメージした出荷箱。
弘前の桜をイメージした出荷箱。

 

 本年度の作柄についてJAつがる弘前りんご部冨山部長は「春の訪れは早く、その後も好天や適度な雨もあって順調な生育です。本日より『夢ひかり』の販売が始まりますが、初日の選果では半分以上が糖度13度を越えていました。とても食味の良い年です。また、玉伸びも良いので中心は36玉になると見込んでいます。」と、お話くださいました。

 

 

産地関係者の皆様と弊社販売担当小山
JAつがる弘前 天内常務・冨山部長、全農青森東京事務所 竹達所長・福嶋さん
と弊社販売担当の小山

 

  • 果実第1事業部 小山
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ