東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 山形県朝日町&JAさがえ西村山『シナノスイート』トップセールス
トピックス一覧

2018年10月9日
山形県朝日町&JAさがえ西村山『シナノスイート』トップセールス
朝日町から今年の『シナノスイート』をお届け〜

 

朝日町鈴木浩幸町長とJAさがえ西村山柴田清志組合長を中心とした
産地関係者の皆様と弊社果実第1事業部福川取締役部長

 

10月9日(火)東京青果卸売場にて山形県JAさがえ西村山『シナノスイート』の初荷を迎えトップセールスが開催されました。

『ふじ』と『つがる』を掛け合わせた『シナノスイート』は、ほのかな酸味に加え香りも良くさわやかな甘味のリンゴです。


朝日町では『ふじ』の生産量が5割を占めますが、今日は初荷を迎えた『シナノスイート』をアピールするため朝日町鈴木町長とJAさがえ西村山柴田組合長ほか生産者の方々が来場されました。


 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
朝日町 鈴木 浩幸 町長
JAさがえ西村山 柴田 清志代表理事組合長

 

 

朝日町 鈴木町長
山形からJAさがえ西村山柴田組合長、そして生産者の皆様と一緒に『シナノスイート』のトップセールスにまいりました。2週連続で台風が来ましたが山形はさほど影響もなく通り過ぎました。リンゴの生育につきましては梅雨時期から夏場にかけて雨量が少なく、糖度のある甘いリンゴが生産され皆様に試食を提供できたと思います。大田市場の皆様から全国の消費者に『シナノスイート』を広めて頂ければと思います。
朝日町 鈴木町長

 

 

JAさがえ西村山 柴田組合長
朝日町産シナノスイートのトップセールスに朝日町鈴木町長と一緒にまいりました。山形でも大変美味しいリンゴを生産している朝日町です。朝日町といえばリンゴとワインの町で鈴木町長も頑張ってPRを行なっています。特にリンゴにつきましては新しい栽培方法の『朝日ロンバス栽培』を手掛け、高齢者の方々でも栽培し易い方法を取り入れています。寒暖差があり美味しいリンゴに仕上がっていますので宜しくお取引をお願い致します。
JAさがえ西村山 柴田組合長

 

◆朝日ロンバス栽培とは◆
パイプとエスター線を使った枝つり器具「朝日ロンバス」を使用した新半わい化栽培。(横から見るとひし形に見えることからひし形の意味である『ロンバス』と名づけられた。)積雪の多い地域でも低樹高の開心型に仕立てることが可能であり、作業性の向上と早期からの収量アップが見込まれる。


会場風景

 

 

試食を勧めるりんご部会鈴木部会長
次々にお客様が『シナノスイート』に手を伸ばします。
美味しくて、つい両手に取ってしまうお客様も。
「好評ですよ!」試食の追加を受け取る鈴木町長。

 

『シナノスイート』の競売を行う小野塚と競売に参加する仲卸・売買参加者の皆様

 

 

商品情報

 

産地 山形県
出荷者 JAさがえ西村山
商品名

シナノスイート

出回期間

10月9日〜10月20日

 

 

作柄についてJAさがえ西村山朝日果実流通センター齋藤センター長は、「今年は例年より早く生育しています。高温干ばつの影響もありましたが、8月の雨で着色も上がって来ています。中心は32・36玉で大玉は少なく、春先の雹によって多少下等級の発生が多くなる可能性があります。また11月9日頃より『ふじ』の出荷も始まりますので宜しくお願いします。」とお話くださいました。

 

  • 果実第1事業部 小野塚
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ