東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 長野県JAながの・飯綱町りんごトップセールス
トピックス一覧

2018年10月13日
長野県 JAながの・飯綱町りんごトップセールス

〜大田市場で初のPRイベントに「みつどん」も登場〜


トップセールスで来場された皆様(飯綱町峯村町長・清水議長、JAながの若林理事・小林部会長・山崎次長・村松センター長・岡田センター長)と弊社販売担当榎本。

 

 10月13日(土)、東京青果卸売場にて長野県JAながの・飯綱町リンゴトップセールスが開催されました。産地より飯綱町峯村町長、JAながの飯綱地区担当 若林理事をはじめ、産地関係者の皆様が来場され、試食を通じて高品質な飯綱リンゴを買参人に印象付けました。 


産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者

飯綱町 峯村勝盛町長

JAながの 若林千賀男飯綱地区担当理事
JAながの飯綱りんご部会 小林善信部会長

 

飯綱町 峯村町長
JAながの 若林理事

大田市場でこの様なトップセールスを開催するのは飯綱町としては初めてのことであり、本当に感無量です。飯綱町はリンゴで町おこしに取り組んでおり、年間約1万トンのリンゴを作っています。先日の台風も不思議と風は吹かず、この様に素晴らしいリンゴが出来ました。東京都民の皆様に評価していただければと思います。よろしくお願いします。
 
JAながの にはリンゴ・ブドウ・モモといった果物からきのこまで様々な農産物がありますが、飯綱地区はリンゴが主力農産物となります。昨今の厳しい気象環境の中でも立派なリンゴを生産しております。本日試食いただいた中生種に続いて、11月からはメイン品種の『サンふじ』が出荷されます。どうぞ飯綱のリンゴをかわいがってください。
JAながの 小林部会長

本年も台風や豪雨の影響を感じさせない立派なリンゴを皆様に提供できますことを、生産者代表としてお伝えいたします。昨日、妻と二人で「ふじ」の葉摘み作業を行いました。生産者皆が願いをこめて仕事に取り組んだ結果の飯綱リンゴです。

 

 


会場風景

 

飯綱町PRキャラクターの「みつどん」
飯綱町PRキャラクターの「みつどん」。顔の星型は「ふじ」の蜜をイメージしており、趣味は『程よい日光浴』だそうです。

会場には素晴らしい仕上がりの「秋映」と「シナノスイート」が展示されました。
 
JA全農長野東京事務所のスタッフが笑顔で試食提供。「おいしい飯綱リンゴをよろしくお願いします。」
いいづなフルーツセンターの出荷箱に描かれたいいづなの地図
 
飯綱町のリンゴポスター
北信に位置する飯綱は標高が500〜700mと高く、昼夜の寒暖差も大きいのでおいしいリンゴが育ちます。   飯綱町では現在36種以上のリンゴが栽培されており、8月中旬から12月までたくさんの品種が時期を変えて収穫されます。

活気あるリンゴ競売を見学する産地関係者の皆様。
 
販売担当榎本による競売。

 

 

商品情報

商品名 飯綱りんご
産地 長野県
出荷者 JAながの いいづなフルーツセンター
出回り期間 秋映・シナノスイート 10月上旬〜11月上旬
ふじ 11月中旬〜12月

香りが強く、甘みと酸味がしっかりとした「秋映」。果皮はえんじに近い赤色です。
 

中生種を代表する品種となった長野生まれの「シナノスイート」。果汁たっぷりです。

 

 本年度の作柄についてJAながのいいづなフルーツセンターの岡田センター長は「飯綱りんご部会は現在520軒の生産者がいます。本年は大きな天候被害にあうこともなく生育は良好です。標高の高い飯綱地区はもともと高品質なりんごが生産できる地域ですが、さらに着色良くおいしく仕上がりました。玉伸びも良く本日試食提供したシナノスイート・秋映は36・32玉の発生も多くなっています。主力品種である「ふじ」は11月半ばからの販売開始予定です。」と、お話くださいました。


JAながの岡田センター長と弊社販売担当榎本。

 

 


JAながの若林理事、飯綱町峰村町長、弊社泉専務

 

  • 果実第1事業部 榎本
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ