東京青果株式会社

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 平成30年産 とちぎにっこり梨トップセールス
トピックス一覧

2018年10月19日
平成30年産 とちぎにっこり梨トップセールス
〜栃木県産梨のアンカー品種、王様の登場です〜

 

にっこり梨トップセールスで来場された産地の皆様と弊社平田常務・森本副部長
にっこり梨トップセールスで来場された産地の皆様(栃木梨消費宣伝事業委員会高橋委員長、JA全農とちぎ菊地副本部長・久保園芸部長・枝所長、JAなす南佐藤課長)と平成30年度とちぎフレッシュメイトの佐藤愛純さん・江連聖莉奈さん・金柿亜美花さん、弊社平田常務・販売担当部の森本副部長。

 

 10月19日(金)、東京青果卸売場にて平成30年産とちぎにっこり梨トップセールスが開催されました。産地より栃木梨消費宣伝事業委員会の高橋委員長をはじめ、平成30年度とちぎフレッシュメイトとJA全農とちぎの皆様が来場され、本年度初となる栃木県産梨の試食会と栃木県産「にっこり」梨の消費拡大をお客様にアピールしました。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
栃木梨消費宣伝事業委員会 高橋俊宏委員長
JA全農とちぎ 菊地和久副本部長

 

高橋委員長
菊地副本部長
高橋委員長
7月の「ハウス幸水」を皮切りに、「幸水」「豊水」「あきづき」「新高」と栃木の梨を販売いただきましてありがとうございます。本日はいよいよ最終の品種であります「にっこり」の宣伝にとちぎフレッシュメイトと一緒にやってまいりました。皆様に納得していただける品質の「にっこり」をお届けします。
  菊地副本部長
本年は梨にとって良い年であり、品種リレー・産地リレーともうまく行きました。市場の皆様にも高く評価いただきましたこと感謝いたします。いよいよ品種リレーのアンカーとなる「にっこり」の登場です。平成30年産の梨販売に携わる生産者・流通関係者・消費者全員がにっこりして終われるよう、よろしくお願いいたします。

 

会場風景

 

にっこり笑顔で試食の「にっこり」梨を持つ高橋委員長ととちぎフレッシュメイトの佐藤さん。
にっこり笑顔で試食の「にっこり」梨を持つ高橋委員長と とちぎフレッシュメイトの佐藤さん。

 

試食の準備中。
試食提供された「にっこり」は食べやすくカットしてありますが、一切れのボリューム感たっぷり。
  ハロウィンデザインの2P袋
ハロウィンデザインの2P袋は本年度からの新資材。季節感のある販売が出来るとお客様からの評判も上々でした。

 

 

 

商品情報

 

商品名 にっこり梨
産地 栃木県
出荷者

JAうつのみや・JAおやま・JAはが野

JAかみつが・JAしもつけ

主な出回り期間

10月上旬〜12月中旬

出荷形態 ダンボール

 

  基本的には5kgダンボール
基本的には5kgダンボールですが、一部小ぶりな物は10kg箱での出荷もあります。

 

 本年の「にっこり」作柄についてJA全農とちぎ園芸部流通販売課の横山さんは「10月12日から販売開始となりました。ちょうど出荷のピークに入っており、10月末まで続きます。にっこりは貯蔵性にも優れる品種ですので、11月中は数量まとまり、年末年始にも対応できます。着果状況が良かったことで、例年より若干小ぶりの8・9玉中心ですが、ちょうど販売しやすい大きさだと思います。」と、お話くださいました。

JA全農とちぎの横山さんと弊社販売担当内山
JA全農とちぎの横山さんと弊社販売担当内山。

 

 

  • 果実第2事業部 石井・内山
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ