東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 山梨県南アルプス市・JA南アルプス市 あんぽ柿トップセールス
トピックス一覧

2018年10月26日
山梨県南アルプス市・JA南アルプス市 あんぽ柿トップセールス
〜『柿の日』に合わせたPRイベントを開催〜

 

南アルプス市金丸市長、JA南アルプス市小池組合長を中心にトップセールスで来場くださった産地の皆様。
南アルプス市金丸市長、JA南アルプス市小池組合長を中心にトップセールスで来場くださった産地の皆様。左より清水柿専門委員長、小林副部会長、小池組合長、金丸市長、フルーツレディーの石川さん、中澤専務、深澤理事。

 

 10月26日(金)、東京青果卸売場にて山梨県JA南アルプス市「あんぽ柿」試食宣伝会&トップセールスが開催されました。産地よりJA南アルプス市 小池組合長、南アルプス市 金丸市長 をはじめ行政・農協関係者の皆様が来場され、「あんぽ柿」の取引拡大をアピールしました。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者
南アルプス市 金丸一元市長
JA南アルプス市 小池通義代表理事組合長

 

金丸市長   小池組合長
金丸市長
 
小池組合長
南アルプス市は山梨県の西側に位置しており、全国でも有数の扇状地が広がっています。フルーツ王国山梨の中でも特に多種多様なフルーツが栽培されている地域です。一般的な干し柿である「枯露柿」は飴色に白い粉を吹いた外観をしていますが、本日お持ちした「あんぽ柿」はこの明るく美しい色とやわらかいながらもジューシーな食感が魅力です。生産者も増えております。ぜひ、贈り物などにもご利用いただければと思います。   本年度最終となるJA南アルプス市のトップセールスは「あんぽ柿」です。『柿の日』である10月26日に合わせて開催させていただきました。本年は日本各地で多くの天候被害がありましたが、JA南アルプス市管内では大きな災害も無く、さくらんぼ・スモモ・桃・ブドウと順調な生育でした。柿も大豊作の様相を呈しております。本年これまでのご愛顧に感謝申し上げますとともに、皆が笑顔で年末を迎えられるよう、最後までよろしくお願いいたします。

 

 

会場風景

 

JA南アルプス市のあんぽ柿
柿には様々な健康効果があるといわれており、1個食べれば1日に必要なビタミンCを摂取することも出来ます。

 

JA南アルプス市「柿の日俳句大会」の入賞品
本年で4回目となるJA南アルプス市「柿の日俳句大会」の入賞作7点が会場に掲示されました。今日の午後、産地で表彰式が開催されます。大会会長賞は『つるし柿 風に声ある 夕べかな』。
  弊社泉専務と俳句について語る小池組合長と金丸市長
弊社泉専務と俳句について語る小池組合長と金丸市長明治28年10月26日に正岡子規が「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」の句を読んだことにちなんで『柿の日』が制定されました。
ふっくらジューシーで美味しそうなJA南アルプス市のあんぽ柿
ふっくらジューシーで美味しそうなJA南アルプス市のあんぽ柿。トップセールスの挨拶終了後に試食提供されましたが、あっと言う間にお皿が空っぽになってしまいました。

 

商品情報

 

商品名 あんぽ柿
産地 山梨県
出荷者 JA南アルプス市
出回り期間 10月中旬〜1月下旬
主な荷姿 平核無:140gパック 大和百目:160gパック

 

「平核無」を原料に使用した『あんぽ柿
「平核無」を原料に使用した『あんぽ柿』は正方形の座布団のような形をしています。
「大和百目」を原料に使用した『あんぽ柿
「大和百目」の方は釣鐘のような形をしており、ボリューム感たっぷりです。

 

 本年の作柄についてJA南アルプス市の清水久柿専門委員長は「全体通して天候に恵まれたので柿の収穫量は例年よりも多くなりそうです。夏場が非常に暑かったので心配もしましたが、原料柿の品質が良いので、高品質な『あんぽ柿』を皆様にお届けできると思います。まだ出始めで数量は少なめですが、これから徐々に増えて11月中旬が出荷のピークになります。」と、お話くださいました。

清水委員長と弊社販売担当濱田。
清水委員長と弊社販売担当濱田。

 

 

金丸市長・小池組合長と弊社福川取締役部長
金丸市長・小池組合長と弊社福川取締役部長

 

  •  果実第1事業部 濱田
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ