東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 長野県安曇野市&JAあづみ『サンふじ』トップセールス2018
トピックス一覧

2018年11月5日
長野県安曇野市&JAあづみ『サンふじ』トップセールス2018

〜長野県産りんごの主力!『サンふじ』が始まりました!〜【2日開催】

初荷トップセールスのため、安曇野市・宮澤市長、JAあづみ・千國組合長、JA全農長野中信事業所・浅香所長ほか各組織の上層部の方々が来場されました。安曇野市の農産物PRキャラクター"あぷふーる"も応援に駆け付けました。
初荷トップセールスのため、安曇野市・宮澤市長、JAあづみ・千國組合長、JA全農長野中信事業所・浅香所長ほか各組織の上層部の方々が来場されました。安曇野市の農産物PRキャラクター"あぷふーる"も応援に駆け付けました。

 連休を控えた11月2日(金)、JAあづみ産『サンふじ』が初荷を迎えるにあたり、東京青果卸売場にて安曇野市、JAあづみによるトップセールスが開催されました。

 安曇野ブランドのりんごの中でも、主流である『サンふじ』の初荷とあって、産地からは行政、JA、JA全農長野の関係者が多数来場され、本年産の仕上がりの良さと取引拡大をアピールしました。


産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者

安曇野市 宮澤 宗弘 市長

JAあづみ 千國 茂 代表理事組合長

 

宮澤市長

宮澤市長

 

 本日は、安曇野のサンふじをお届けに参りました。実の締まり、甘味と酸味、シャキシャキ感とすべてが素晴らしく、日本一、世界一のりんごと思っております。市場の皆様には本年も安曇野のりんごをご愛顧いただき農家の所得向上にご支援ご協力を賜りたく存じます。私は78歳になりますが、毎日、りんごを食べているためか、元気に頑張ることができます。皆様も安曇野のりんごを召し上がって、ぜひ、元気になってください。安曇野市に足を運び、生産者の人間性に触れ、そして世界に安曇野のりんごを発信していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

千國組合長

千國組合長

 

 本日は、サンふじの初荷ということで安曇野市、JAあづみともどもやって参りました。このところ寒さも増して、りんごの仕上がりも一気に進んできました。本年のサンふじは玉伸び良し、着色良し、味良しと野球でいえばトリプルスリーでございます。本年産の出荷量は31万8千ケースを予定しております。大田市場の皆様にはとりわけ販売のお世話になるわけでございます。最終販売までしっかりと供給して参りますので、全国の販売をリードしていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

会場風景

 

食味に優れ、ボリューム感あるJAあづみ産『サンふじ』は贈答用としても人気の高い商材です。食味に優れ、ボリューム感あるJAあづみ産『サンふじ』は贈答用としても人気の高い商材です。

JAあづみ産『サンふじ』はこれから年末に向かって、りんご販売の重要アイテムとあって、お客様の注目度も高く、試食開始と同時に大勢のお客様で賑わいました。JAあづみ産『サンふじ』はこれから年末に向かって、りんご販売の重要アイテムとあって、お客様の注目度も高く、試食開始と同時に大勢のお客様で賑わいました。

「この甘酸っぱさがいいね」「安定した美味しさだね」「さすが安曇野のりんごだね」と食味の仕上がりの良さに満足するとともに、大きめにカットされた試食品に「食べごたえがあるね」   2〜3切れ食べたお客様は「思う存分食べたよ」と量にも満足されていました。

「この甘酸っぱさがいいね」「安定した美味しさだね」「さすが安曇野のりんごだね」と食味の仕上がりの良さに満足するとともに、大きめにカットされた試食品に「食べごたえがあるね」、2〜3切れ食べたお客様は「思う存分食べたよ」と量にも満足されていました。

 

競売を前に宮澤市長と千國組合長より、販売担当の二見にエールが送られました。
競売を前に宮澤市長と千國組合長より、販売担当の二見にエールが送られました。
  活気あふれる初荷の競売。買参人の出すヤリに産地関係者の視線が集まります。
活気あふれる初荷の競売。買参人の出すヤリに産地関係者の視線が集まります。

 

 

商品情報

 

商品名 サンふじ
産地 長野県
出荷者 JAあづみ
出回り期間 11月上旬〜12月中旬

 

初荷の『サンふじ』の着荷状態を確認するJAあづみ中村課長。初荷の『サンふじ』の着荷状態を確認するJAあづみ中村課長。
  玉伸び良し、着色良し、味良しのJAあづみ産『サンふじ』
玉伸び良し、着色良し、味良しのJAあづみ産『サンふじ』

 

 本年産の『サンふじ』生産状況について、JAあづみ果実課中村課長は「開花期は平年より10日ほど早く迎えました。その後の生育は順調と思われましたが、夏場は35℃を超える猛暑日が続き、日焼けの発生と乾燥による肥大不足が心配されました。また、台風21号、24号、25号と相次ぎ、園地によってはキズやスレ果が散見されましたが、大幅な落果はまぬがれました。結果として台風の降雨が恵みの雨となり、玉伸びは36玉中心と順調です。現在、気温低下にともない色回りも順調に進んでいます。前年は9月の台風被害により、出荷量は30万ケースを下回りましたが、本年産は平年作に回復し、前年以上の出荷量を見込んでいます」とお話しくださいました。

 

 

宮澤市長、千國組合長、弊社泉専務、"あぷふーる"との記念撮影。
宮澤市長、千國組合長、弊社泉専務、"あぷふーる"との記念撮影。

  • 果実第1事業部  二見
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ