東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > JAふくしま未来『王秋梨』試食宣伝会
トピックス一覧

2018年12月3日
JAふくしま未来『王秋梨』試食宣伝会
〜福島産晩生種『王秋梨』をお願い致します


JAふくしま未来なし部会川上会長を中心に試食宣伝会のため来場された産地関係者の皆様と弊社販売担当果実第3事業部橋本

 

 12月3日(月)東京青果卸売場において福島産JAふくしま未来『王秋梨』の試食宣伝会が開催されました。

 JAふくしま未来なし部会連絡協議会川上会長をはじめ産地関係者が今年度産『王秋梨』のPRをしました。

 

会場風景

 


4kg化粧箱、6玉入りが展示されました

 

 
試食の準備を進めるJAふくしま未来の職員。   試食の呼び込みが始まりお客様が次々と足をお運びくださいました。
     
 
王秋梨は果汁が多いのが特徴。お客様から「美味しい!」と高評価を頂きました。   競売の準備をする販売担当の橋本
 

 

商品情報

 

商品名 王秋梨
産地 福島県
出荷者 JAふくしま未来
出回り期間 12月上旬〜下旬

 

 

作柄について、JAふくしま未来福島地区指導販売課山田さんは、「出始めの幸水梨は小玉で出荷量は少なく、王秋梨の生産量も9月10月の台風の影響が出るか心配でしたが、昨年に比べ量は若干多い見込みです。4kg化粧箱7玉・8玉中心で、12月いっぱいの販売を計画しています。食味にいたっては7月8月の高温・干ばつで心配されましたが、昨年に比べ小ぶりですが食味はとても良いです。安心してお取引をお願い致します。」と、お話くださいました。

 

  • 果実第3事業部 橋本
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ