東京青果株式会社

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 岩手県産『冬恋』りんご試食宣伝会2018
トピックス一覧

2018年12月8日
岩手県産『冬恋』りんご試食宣伝会2018

〜美味しさ、美しさを備えた究極の黄色いりんご〜【7日開催】

 

 12月7日(金)、東京青果卸売場にて岩手県産『冬恋』りんご試食宣伝会が開催されました。

 JA全農いわてでは 黄色りんごの品種「はるか」に糖度・蜜の入り・外観の仕上がり等に厳しい基準を設け、ブランド化に取り組んでいます。『冬恋』はすべての基準をクリアした最上級品。平成20年より販売が始まり、翌年に商標登録されました。

 

 大田市場での『冬恋』の試食宣伝会は今回で3回目を迎えます。『冬恋』ブランドのさらなる認知度アップを図るべく、試食会当日は岩手冬恋研究会のトップの方々が来場し、試食や展示を通じて『冬恋』の商品力の高さをアピールしました。

 

会場風景

 

高糖度と豊富な蜜入り、そして果皮の美しさが『冬恋』の特徴です。

『冬恋』ブランドの品質の良さが、いわて純情りんご全体のイメージアップにもつながっています

 

 

 
黄色りんごのブランド商品はめずらしく、試食コーナーには大勢のお客様が集まってきました。「蜜がいっぱい入っているね」「香りがいいね」「美味過ぎてびっくりしたよ」「きれいな果皮だね」等々といったお褒めの言葉や「この品種はなに?」「出荷期間長いといいのに」とった質問や要望などもあり、反響のある試食宣伝会となりました。  
 
【上記画像】をクリックすると、リーフレットの内容がご覧いただけます。   試食をしながら『冬恋』のリーフレットを熟読するお客様。

 

 

 

商品情報

 

商品名 冬恋(ふゆこい)
産地 岩手県
出荷者
JA全農いわて

出回期間

【本年】本年12月3日〜12月末
規格 プレミアム冬恋:糖度16.0度以上、蜜入り指数3.0以上
冬恋:糖度15.0度以上、蜜入り指数2.5以上、若干サビあり
※上記の規格に満たないものは「純情はるか」として出荷。
荷姿

プレミアム冬恋:2.5kg<化粧箱>

冬恋:2.5kg<専用2.5kgDB>

※「純情はるか」は5kgDB

 


販売担当の小山とJA全農いわて八幡さん

 

 本年産の『冬恋』の生産・出荷状況について、JA全農いわて園芸部八幡さんは「岩手県産のりんごは台風被害もほぼなく作柄は順調です。「はるか」はもとも高糖系の品種ですが、本年産の『冬恋』の発生率の予想は3〜4割と順調です。年々、岩手冬恋研究会(4月現在会員312名)の会員数の増加とともに『冬恋』の選果場も増えて、現在、5ケ所の選果場から出荷されています。本年産は15〜20日が最大のピークとなります。前年以上の出回り量と見込まれますので、お取り扱いのほどよろしくお願いいたします」とお話しくださいました。

 

 

左から、JA全農いわて消費販売部の高橋部長、岩手冬恋研究会の北田正昭会長・熊谷峰男副会長、弊社泉専務。

見事な『冬恋』を前に北田会長、熊谷副会長ともに「有袋栽培は一つ一つ袋をかける手間はありますが、袋をはずしてきれいに仕上がったりんごを見ると嬉しくなりますね」とお話しくださいました。

  • 果実第1事業部  小山
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ