東京青果株式会社

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 福岡県JA筑前あさくら『博多万能ねぎ』試食宣伝会2018
トピックス一覧

2018年12月8日
福岡県JA筑前あさくら『博多万能ねぎ』試食宣伝会2018
〜唯一無二のトップブランドとして走り続けます

 

福岡県JA筑前あさくら博多万能ねぎ部会の皆様と弊社販売担当である岡内・長堀
福岡県JA筑前あさくら博多万能ねぎ部会の皆様と弊社販売担当である岡内・長堀。それぞれ手に『博多万能ねぎ』を持っています。「博多万能ねぎをよろしくお願いします!」との勢いを感じる集合写真。

 

 12月8日(土)早朝、東京青果卸売場にて毎年恒例の福岡県JA筑前あさくら『博多万能ねぎ』試食宣伝会が開催されました。『博多万能ねぎ』は昭和52年から京浜市場での販売が始まり、昨年には部会設立40周年を迎えました。青ねぎの全国トップブランドとして確個たる評価を得ていますが、市場や販売店頭での試食会など地道な宣伝活動も継続して行っています。本日も博多万能ねぎ部会の森部部会長をはじめ各支部の役員の皆様が来場され、試食品を提供しながら『博多万能ねぎ』しっかりと印象付けました。

 

会場風景

 

『博多万能ねぎの塩こんぶあえ』
『博多万能ねぎ』をサッと湯通しして塩こんぶとごま油で味付けしただけですが、食事のおかずやお酒のおつまみなどいつ食べても美味しい万能な一品。
  『博多万能ねぎたっぷりシチュー』
冬場に開催される『博多万能ねぎ』の試食会ではおなじみの『博多万能ねぎたっぷりシチュー』。ねぎの甘みを生かしたほのぼのメニューです。
皆さん積極的にお客様に声をかけます。
「塩こんぶあえとシチュー、どちらもお召し上がりください。」と、皆さん積極的にお客様に声をかけます。
  試食品と一緒にレシピも配布して薬味以外の食べ方を宣伝します。
試食品と一緒にレシピも配布して薬味以外の食べ方を宣伝します。「オリーブオイル漬けも良さそうだね。」
     

「万能ねぎ」と呼べるのは『博多万能ねぎ』だけ。(「万能ねぎ」はJA筑前あさくらで生産された青ねぎの登録商標です。)

 

 

商品情報

 

商品名 博多万能ねぎ
産地 福岡県
出荷者 JA筑前あさくら
主な出回り期間

周年

主な荷姿

30入り(100g)発泡スチロール

品質と数量が安定している博多万能ねぎ、高い技術力に裏づけられた高品質な商品です。
品質と数量が安定している『博多万能ねぎ』、高い技術力に裏づけられた高品質な商品です。
  毎年内容が刷新される『博多万能ねぎ』のレシピ
毎年内容が刷新される『博多万能ねぎ』のレシピ。 今年の表紙は博多万能ねぎのジュレ。

 

 本年の作柄についてJA筑前あさくら園芸畜産部東部野菜課の小野征二さんは「現状は非常に潤沢な出荷となっています。産地も暖冬傾向で推移しているので生長も早く前倒し気味の出回りとなっていますが、これから年末年始にかけても不足感無く出荷できる見込みです。これまで出荷量が少なくて末端まで行き渡らないとの声をいただいておりましたが、ようやくしっかり売り込みができるチャンスだと捉えています。積極的なお取扱いよろしくお願いします。」と、お話くださいました。

 

JA筑前あさくら園芸畜産部の原口部長と小野さん。
JA筑前あさくら園芸畜産部の原口部長と小野さん。

 

  

博多万能ねぎ部会の平成30年度部会長である森部さんと弊社野路副部長、
お客様も一緒に。

 

  • 野菜第4事業部 岡内
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ