東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 【Today's photo】年の瀬を迎えた市場風景
トピックス一覧

2018年12月24日
【Today's photo】年の瀬を迎えた市場風景

 


2018年も残すところあと1週間。年の瀬を迎えて大田市場の賑わいは最高潮に近付きつつあります。

 

みかん

 

人気銘柄みかんの競売
人気銘柄の競売には多くのお客様がつめかけます。「俺にもつけてくれよ!」

 

 前年のみかん類は後半品種の生産量が非常に少なく、年末にかけて品薄感が高まりました。本年は当初計画から若干の下方修正はあったものの、これから年明けにかけても積極的に売り込める数量が確保できそうなことから、年末にかけて量販店の店頭などでも大きく売り場展開される見込みです。

 

年末にだけ入荷する葉付き小みかん
年末にだけ入荷する葉付き小みかん。鏡餅の上に乗せたり、正月飾りに使用したりとアイデア次第で用途も色々。
  手に乗せた小みかん
手に乗せてみるとその小ささがわかります。直径5センチにも満たないかわいらしさです。

 

干し柿

 

 年末の贈答品としても欠かせない干し柿。本年は原料柿が豊作だったので、全国的に前年を上回る生産量が見込まれています。暖冬傾向ではありますが乾燥状態も良く、高品質な仕上がりとなっています。

 

山梨県産の「枯露柿」化粧箱
根強いファンが多い山梨県産の「枯露柿」化粧箱。
  富山干柿の化粧箱
立山と雷鳥がデザインされた富山干柿の化粧箱。
福島産あんぽ柿化粧箱
ふっくらとジューシーな味わいの福島産あんぽ柿。
  福島県産あんぽ柿パック
家庭用にはお手頃なパック形態がおススメ。
山形県産のつるし柿。
昔ながらの製法で作られた山形県産のつるし柿。
  長野県特産の市田柿。
長野県特産の市田柿。まるでお菓子のような美しさ。
山梨県産干し柿の競売
山梨県産干し柿の競売も日々盛り上がりを見せています。

 

八つ頭&慈姑(くわい)

 

お正月に欠かせない八つ頭と慈姑(くわい)の競売にはギャラリーも含めて大勢のお客様が集まります。
お正月に欠かせない八つ頭と慈姑(くわい)の競売にはギャラリーも含めて大勢のお客様が集まります。

 

子孫繁栄の縁起物として煮物などに調理される八ツ頭。
子孫繁栄の縁起物として煮物などに調理される八つ頭。
  勢い良く芽が出ることから「目出度い」とされる慈姑。
勢い良く芽が出ることから「目出度い」とされる慈姑。

 

おまけ

 


仲卸棟でサンタクロースを発見。メリークリスマス!
(12月24日撮影)

 

 

  • みかん・干し柿:果実事業部  八つ頭・慈姑:野菜第5事業部
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ