東京青果株式会社

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 熊本県JAあしきた『葉付サラたまちゃん』試食宣伝会2019
トピックス一覧

2019年2月22日
熊本県JAあしきた『葉付サラたまちゃん』試食宣伝会【21日開催】
〜一足早い春の訪れ
を実感する季節限定の美味しさです〜

 

『葉付サラたまちゃん』と出荷箱
水にさらさず、そのまま切ってサラダにできる辛味の少ないたまねぎ『サラたまちゃん』。シーズン初めとなるこの時期限定で葉の部分を切り落としていない『葉付サラたまちゃん』が出荷されます。

 

 2月21日(木)、東京青果卸売場にて熊本県JAあしきた『葉付サラたまちゃん』の試食宣伝会が開催されました。

 JAあしきたの『サラたまちゃん』は生産者全員がエコファーマー。除草剤を使わず、化学肥料や化学農薬の使用量も熊本県慣行基準の5割以下に抑えて栽培された特別栽培農産物です。通常の『サラたまちゃん』は葉の部分を全て切り落とした状態ですが、シーズン初めのこの時期は葉の部分を残した『葉付サラたまちゃん』が出荷されます。一見すると長ネギのような葉の部分は加熱によって驚くほど柔らかく、とろけるような甘みとなります。まさに春の訪れを告げる期間限定のみずみずしい味わいですが、まだ「葉付き」の美味しさを知らない方も多いことから、産地よりJAあしきた『サラたまちゃん』部会の田畑部会長をはじめ関係者の方々が来場され、試食を通じて『葉付サラたまちゃん』の美味しさをアピールされました。

 

 

会場風景

 

熊本経済連東京事務所のスタッフも総出で試食会をサポート
人気が高い『サラたまちゃん』の試食会はいつも大勢のお客様で賑わいます。熊本経済連東京事務所のスタッフも総出で試食会をサポートしました。

 

本日の試食メニュー3種
本日の試食メニューは定番のスライスサラダ、葉の部分の美味しさを実感できる酢味噌あえ、そしてやさしい甘さの味噌汁を用意しました。
  一杯ずつ丁寧に味噌汁を注ぐ田畑部会長
流れるような連係プレーでお客様を待たせることなく試食品を提供します。一杯ずつ丁寧に味噌汁を注ぐ田畑部会長(左端)
お客様にPOPやミニのぼりなど販促グッズを進呈
大田市場では先週から販売が開始となりました。「すでに仕入れてお店で売ってるよ。」と言うお客様にPOPやミニのぼりなど販促グッズを進呈。
  『サラたまちゃん』を使用したドレッシング
『サラたまちゃん』を使用したドレッシングに本年から爽やかな『レモン』味が仲間入り。熊本産のレモン果汁・ピールを使用し、イラストは熊本県芦北町出身の漫画家「村枝賢一」先生の作品です。

 

 

 

商品情報

 

商品名 葉付サラたまちゃん
産地 熊本県
出荷者 JAあしきた
主な出回り時期

『葉付サラたまちゃん』2月中旬〜3月上旬

『サラたまちゃん』(切り玉)3月中旬〜6月中旬

完熟『スーパーサラたまちゃん』5月下旬〜6月中旬

主な荷姿

10kg ダンボール

専用小袋付いてます

『葉付サラたまちゃん』専用小袋

袋の裏面にはレシピが書かれています。

 

一般的な新玉ねぎは扁平な形をしていますが、『サラたまちゃん』は腰高で丸い形をしています
一般的な新玉ねぎは扁平な形をしていますが、『サラたまちゃん』は腰高で丸い形をしています。「何よりも味にこだわって品種を選んでいるから。」と、田畑部会長。
  使いやすいサイズのミニレシピ集
袋にもレシピが印刷されていますが、使いやすいサイズのミニレシピ集も用意があります。辛味が少なく、水にさらさなくて食べられるので料理のレパートリーも広がります。

 

 本年産の作柄についてJAあしきたサラたまちゃん部会の田畑部会長は「関東地方は干ばつ傾向のようですが、九州地方は定期的な雨と日照があって生育環境は良好でした。気温が高めに推移したので生育進度は若干早くなっています。『葉付サラたまちゃん』の出荷開始は前年と同様の1月下旬でしたが(注:大田市場での販売は2月中旬から)、前年の同時期と比べれば2倍近い出荷量となっています。例年、「葉付き」は3月中旬までの出荷ですが、本年は上旬には終了となりそうです。「葉付き」に引き続き、切り玉の『サラたまちゃん』が3月中旬から販売開始となる見込みです。」と、お話くださいました。

 

  

田畑部会長、JAあしきた営農経済部のお二人、熊本経済連東京事務所のお二人と販売担当藤原課長

田畑部会長、JAあしきた営農経済部のお二人、熊本経済連東京事務所の皆様と販売担当の藤原。

 

  • 野菜第5事業部 藤原
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら

 

ホームへ戻る
ページトップへ