東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 和歌山県JA紀州ゆら選果場『木成りはっさく』試食宣伝会
トピックス一覧

2019年3月5日
和歌山県JA紀州ゆら選果場『木成りはっさく』試食宣伝会【4日開催】
〜簡単でオシャレな「ゆら剥き」を是非お試しください〜

 


東京青果では初開催となる『木成りはっさく』の試食宣伝会で来場くださった産地関係者の皆様と弊社販売担当鍔本。後列右よりJA紀州岡田次長・向井副センター長、JA紀州ゆら選果場山本委員長・川口副委員長・松村副委員長。由良はっさく皮むき伝道師の新谷さんも一緒に。

 

 3月4日(月)、和歌山県JA紀州ゆら柑橘選果場『木成りはっさく』が初荷を迎え、東京青果卸売場にて初となる試食宣伝会が開催されました。和歌山県由良町産のはっさくは全国に数あるはっさく銘柄の中でもトップブランドとして高い評価を得ており、食味の良さは折り紙つき。今回は試食提供に加え、子供でも簡単に出来る剥き方『ゆら剥き』のデモンストレーションも行なわれ、大勢のお客様の関心を集めました。

 

会場風景

 

本日より販売開始となるゆら選果場『木成りはっさく』の食味を確かめようと、次々とお客様がお越しくださいました。

 


はっさくの『ゆら剥き』を実演くださった新谷さん。「ぷりぷりした果肉の食感が楽しめ、見た目にも美しく仕上がります。」
 
実演の様子を動画・写真で記録される方も多数いらっしゃいました。お客様やご家族にも教えてあげてくださいね。
産地の皆様が見守る中、初荷競売が始まりました。

 

『ゆら剥き』にチャレンジしてみよう

 


本年から新たに作成された『ゆら剥き』のリーフレット。

 

   
   

YouTubeには剥き方の動画も掲載されています。
本日来場された新谷さんがレクチャーして下さいますよ。
(画像をクリックすると別ウィンドウが開きます)

 

 

商品情報

 

商品名 木成りはっさく・さつきはっさく
産地 和歌山県
出荷者 JA紀州ゆら選果場
出回り期間 木成りはっさく:3月上旬〜下旬
さつきはっさく:4月上旬〜中旬
主な荷姿 DB10kg

 


『木成りはっさく』は年明けまで樹上に実らせたはっさく。2月上旬までに収穫した後、実を1つずつポリ袋に入れて貯蔵し、出荷直前に袋から出します。ヘタも皮もみずみずしいままですし、はっさく本来の味わいがすると評判です。

『木成りはっさく』は3月下旬までの出回り。4月から出荷される『さつきはっさく』は3月まで樹上に実らせ続け、収穫後すぐに出荷されます。ゆっくり熟するので糖度が高く、程よい酸味で独特の苦味が控えめなので食べやすくなります。

 

 本年の作柄についてJA紀州ゆら選果場運営委員の山本委員長は「本日から『木成りはっさく』の本格的な販売開始となります。台風による被害もありますが、前年が少なかったので、本年の出荷量としては前年比で120%を見込んでいます。平年はL・2Lサイズ中心ですが、本年は秋以降の降水量が少なかったので小玉傾向が見られ、L・Mサイズ中心となります。しかし、その分熟度も進んで食味はすこぶる良好です。4月になれば『さつきはっさく』も始まります。ぜひ、『ゆら剥き』に挑戦して美味しく楽しく食べてください。」と、お話くださいました。

 


山本委員長と弊社販売担当鍔本

 

  •  果実第4事業部 鍔本(つばもと)
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ