東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 【日園連主催】『デコポン』主産県合同・試食宣伝会
トピックス一覧

2019年3月7日
【日園連主催】『デコポン』主産県合同・試食宣伝会【5日開催】
〜「3月1日はデコポンの日」出荷も最盛期になります〜

 

3月5日(火)、東京青果卸売場にて日園連主催の『デコポン』の試食宣伝会が行われました。

 3月5日(火)、東京青果卸売場にて日園連主催の『デコポン』の試食宣伝会が行われました。

 熊本で生まれた柑橘品種「不知火(しらぬい)」は、JA熊本果実連が「デコポン」の名称で商標登録を取り、平成3年産から市場デビューをしました。当初は「不知火」を産出する各県がオリジナルの商品名をつけて出荷・販売していましたが、消費者の混乱を防ぎ、消費拡大につなげるためにも、日園連傘下の産地に限り品質基準を満たしたものだけを「デコポン」の名称で出荷・販売できる体制としています。

 「デコポン」が初めて大田市場にて販売されたのが平成3年3月1日。平成18年には15周年を迎えたことを記念して3月1日が「デコポンの日」として制定されました。時期的にも出荷最盛期となることから、日園連と各県連による「デコポン」の試食宣伝会が開催されました。

 

デコポン

 

会場風景

 

8産地の『デコポン』がずらりと並びました。

8産地の『デコポン』がずらりと並びました。

買参人が各産地の『デコポン』を手に取り、品質を確かめています。

買参人が各産地の『デコポン』を手に取り、品質を確かめています。

酸切れ良く、爽やかな甘さを感じる食味。酸切れ良く、爽やかな甘さを感じる食味。   箱内に付属のシールをデコポンに貼って生産地をアピール。店頭に並べる際にもぜひ貼ってみてください。箱内に付属のシールをデコポンに貼って生産地をアピール。店頭に並べる際にもぜひ貼ってみてください。

 

商品情報

 

商品名 デコポン
産地 鹿児島・和歌山・佐賀・熊本・愛媛・福岡・長崎・大分
主な出回り期間
12月〜5月
中心荷姿 5kgダンボール箱

 

主要産地のデコポンが集合

鹿児島 和歌山 佐賀

熊本
 
愛媛

福岡 長崎 大分

 本年産は全体的に前進出荷の傾向があり、前年よりやや多めの出回りが見込まれています。酸切れ良く糖度も乗っているので、ぜひともご賞味ください。

出荷最盛期を向かえ、販売拡大にも力が入る各県連の皆様。

出荷最盛期を向かえ、販売拡大にも力が入る各県連の皆様。

  • 果実第3事業部・果実第4事業部
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ