東京青果株式会社

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 茨城県JAなめがたしおさい『春ピーマン』トップセールス
トピックス一覧

2019年3月22日
茨城県JAなめがたしおさい『春ピーマン』トップセールス
出荷本番を前に『春ピーマン』のご紹介〜

 


写真左よりJAなめがたしおさい野口専務、波崎青販部会安藤部会長、波崎青販部会NEXTの皆様と野菜第4事業部長堀マネジャー、販売担当森田

 

3月22日(金)東京青果卸売場において茨城県JAなめがたしおさいの「春ピーマン」を農協関係者と若手生産者NEXTの皆様でアピールを行ないました。

「JAなめがたしおさい」は今年2月に「JAなめがた」と「JAしおさい」が合併し、農協の取扱い青果物は60品目以上になりました。今回は色濃く・やわらかい「春ピーマン」の試食宣伝会が開催されました。

 

 

代表者のご挨拶

 

ご挨拶頂いた産地代表者
JAなめがたしおさい 野口 久穂 代表理事専務

JAなめがたしおさい 波崎青販部会 安藤和利 部会長 

 


野口代表理事専務
 

安藤部会長 
日頃より当農協の青果物をお取引頂き有難うございます。年間を通じて出荷が行なわれているピーマンですが、特に『春ピーマン』がメインの産地です。今年は12月の定植から天候に恵まれ順調に生育し2月は昨年以上の出荷になっています。これから『春ピーマン』が本格出荷となり、日本一のピーマン産地として消費者に安全・安心・新鮮なピーマンを安定的にお届けしていきますので宜しくお取引の程お願い致します。
  4月の『春ピーマン』出荷本番を前に、柔らかく・新鮮なピーマンの宣伝をしに若手生産者NEXTの皆さんとやってきました。近年は農業後継者が少ないと言われていますが、当部会においては若い生産者が一生懸命頑張っています。今後とも皆様のお力を頂ければと思いますので宜しくお願い致します。

 

 

 

会場風景

 


JAなめがたしおさい職員森下さんと
若手生産者NEXTの長谷川さん、宮内さん、野中さん

 


試食は春ピーマンに味の素丸鶏スープの素であえたものをご用意しました。
 
サンプルには無限ピーマンの作り方と鶏がらスープの顆粒入り。簡単美味しい!


 
「いかがですか?」若手生産者NEXTとJA職員で試食品とサンプル配布始めます。

野口専務と春ピーマン宣伝隊『ドラP』
「春ピーマンをよろしくね!」

 

 

 

商品情報

 

商品名 ピーマン
産地 茨城県
出荷者 JAなめがたしおさい
主な出回り時期

温室ピーマン(秋・冬・春に収穫する促成型)
春ピーマン(春・夏に収穫する半促成型)
秋ピーマン(秋・冬に収穫する抑制型)

荷姿

4kgバラ

150g×50袋入り

 

 

JAなめがたしおさい波崎青販部と青果物生産部の両部会は水はけの良い砂丘地帯と温暖な気象条件に恵まれた地でピーマン施設栽培を取組んでいます。

両部会で作るピーマンの特長は?
      1. 緑色が濃い
      2. ツヤがある
      3. 肉質が柔らかい
      4. 苦味が少ない

 

作柄について、安藤部会長は、「春ピーマンの生育順調で今年の出荷量は昨年に比べ多く、肥大状況は暖かい日が続いているためピーマンのふくらみは良いです。桜の開花と同時に4月の出荷は増量となり色つきの良い柔らかい、鮮度のいいピーマンをお届けします。」とお話くださいました。

 

  • 野菜第4事業部 森田
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら

 

ホームへ戻る
ページトップへ