JA

東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > JA島原雲仙『新馬鈴薯』試食宣伝会
トピックス一覧

2019年5月17日 
JA島原雲仙『新馬鈴薯』試食宣伝会
〜ホクホクうまか〜!本年産は前進出荷しています
〜 【13日開催】

 

5月13日(月)、東京青果卸売場にて長崎県JA島原雲仙による新馬鈴薯試食宣伝会が開催されました。

 

 

 5月13日(月)、東京青果卸売場にて長崎県JA島原雲仙による新馬鈴薯試食宣伝会が開催されました。

 出荷ピークを迎えた新馬鈴薯をJA全農ながさき東京事務所がピーアールしました。

 

 

会場風景

 

試食に出たのは、『にしゆたか』です。

切ると果肉が白く、味はみずみずしくさっぱりとしています。芽が浅いのが特徴です。

 

試食メニューは照り焼き風。甘辛ダレがじゃがいもの甘みと合い、まさに”うまか〜!”です。

早朝からの試食イベントでしたが、大盛況。「長崎の馬鈴薯はおいしいよね、待ってたよ。」との声も。


「これはどうやって調理するの?」と熱心に聞くお客様。味付けも好評です。

「これは何回も食べたいな。」「お酒のつまみにも合うね。」とお客様から絶賛でした。

 

積極的に試食を勧めるJA全農ながさき東京事務所梶原次長。テーブルに並べられた新馬鈴薯の品種の説明やお客様の質問に笑顔で答えてくださいました。

 

 

「5月7日にテレビでも紹介され、新馬鈴薯はビタミンCも多く含み、加熱しても栄養が損なわれにくく、血管を強くし、皮ごと食べると肌に良いコラーゲンを増加させる可能性がある健康食材として放送されました。 今後出荷も最盛期になるのでよろしくお願いします。」と、野菜第3事業部小川(皓)がアナウンス。

 

 

 

商品情報

 

商品名 新馬鈴薯
産地 長崎県
出荷者

JA島原雲仙

出回り期間

4月中旬〜7月上旬

 

 

本年産は、暖冬の影響もあり平年よりも前進出荷しています。玉流れは現在、2L、L中心。4月中旬から7月上旬までが長崎県の春作となります。今年は一週間ほど早い出荷のため、6月下旬で終了する見込みです。

 

今回は2品種の新馬鈴薯を展示しました。

写真左から、『あいゆたか』、『赤土にしゆたか』、『にしゆたか』となっております。

 

 

 

写真左から、野菜第3事業部道明内副部長、販売担当菅野、JA全農ながさき東京事務所梶原次長、野菜3部小川(皓)

 

  • 野菜第3事業部 菅野
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ