東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > JAグループ茨城メロン流通部会『メロン』トップセールス
トピックス一覧

2019年5月18日
JAグループ茨城メロン流通部会『メロン』トップセールス

〜茨城県産のメロンが最盛期に向けて勢揃い〜
【16日開催】

 

5月16日(木)、東京青果卸売場にてJAグループ茨城『メロン』のトップセールスが開催されました。

5月16日(木)、東京青果卸売場にてJAグループ茨城『メロン』のトップセールスが開催されました。

 茨城県産メロンが最盛期を迎えつつあります。この日はJAグループ茨城メロン流通部会によるイベントが開催され、試食提供や販売拡大に向けたピーアールが行われました。

 

産地関係者の皆様。

左から弊社果実4部 村上副部長、【JA全農いばらき園芸部】鈴木部長、【メロン流通部会】大久保副会長(JA常総ひかり)・須加野会長(JA茨城旭村)、JA茨城旭村 野原さん、【JA全農いばらき園芸部】片野課長。

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者

メロン流通部会 須加野 弘 会長

(JA茨城旭村 営農販売課 課長)

 

 

 今年は天候不順のため、栽培は難しい状況でした。若干小玉傾向ですが、味については寒暖差もあり美味しく仕上がっております。これから最盛期を迎え、5月〜7月まで出荷は長期的に続きます。JAグループとしては本年産は5kg箱で約220万ケースの出荷計画です。茨城県は東京に近いため、東京の台所として青果物の生産量が全国1位となっております。これも皆様方のご尽力あってこそであり、感謝を申し上げます。茨城県は農業の後継者も多く、これからも美味しいメロンを継続的に出荷して参りますので販売のほど、よろしくお願い致します。

 

 

メロン流通部会 須加野会長

メロン流通部会 須加野会長

 

会場風景

 

メロン生産量全国トップの茨城県は栽培品種も多様です。会場にはアンデス・クインシー・レノン・プリンスが展示されました。

メロン生産量全国トップの茨城県は栽培品種も多様です。会場にはアンデス・クインシー・レノン・プリンスが展示されました。

多種のメロンが揃う試食会なだけあり、大勢のお客様が味見に訪れました。品種ごとの味や食感の違いを確かめられる良い機会です。

多様なメロンが揃う試食会とあって、大勢のお客様が試食に訪れました。品種ごとの味や食感の違いを確かめられる良い機会です。

青肉メロンはアンデス・プリンスを試食として提供。甘い香りが会場を包みます。青肉メロンはアンデス・プリンスを試食として提供。甘い香りが会場を包みます。
 
赤肉メロンはクインシー・レノンを提供。こちらも甘みがあってジューシーな舌触りを持っています。赤肉メロンはクインシー・レノンを提供。こちらも甘みがあってジューシーな舌触りを持っています。

 

商品情報

 

品種名 アンデス クインシー
産地 茨城県 茨城県
出荷者 JA茨城旭村・JA水戸 JA茨城旭村
主な出回り期間 4月下旬〜6月下旬 4月下旬〜6月下旬
販売担当 伊藤・黒岩 伊藤
外観 アンデス クインシー

 

品種名 レノン プリンス
産地 茨城県 茨城県
出荷者 JA水戸 JA常総ひかり・JA北つくば
主な出回り期間 4月下旬〜6月中旬 5月上旬〜6月中旬
販売担当 黒岩 河内
外観 レノン プリンス

 

  • 果実第4事業部
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ