東京青果株式会社

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 群馬県産『白加賀梅』宣伝会
トピックス一覧

2019年6月3日
群馬県産『白加賀梅』宣伝会【
5月31日開催】
〜ほど良い酸味ですっきりとした口当たり。梅ジュースの試飲会です〜

 

5月31日(木)、東京青果卸売場にて群馬県産『白加賀梅』の宣伝会が開催されました。

5月31日(木)、東京青果卸売場にて群馬県産『白加賀梅』の宣伝会が開催されました。

 群馬県では生梅の栽培が盛んで全国第二位の生産量があります。特産である『白加賀梅』は大粒で果肉が厚いのが特長です。これからの『白加賀梅』出荷最盛期に向けて販売拡大を呼び掛けるイベントが行われました。

 

今が旬。群馬の梅。

 

群馬県共計生梅運営委員会の堀口会長。奥は梅販売担当の小川。

群馬県共計生梅運営委員会の堀口会長。奥は梅販売担当の小川。

会場風景

 

『白加賀梅』のジュースは家庭でも簡単に作れます。ビンに梅と氷砂糖を入れておくと梅エキスが出て来ます。日に一度ビンを揺すって1〜2週間置いておくと梅シロップが出来上がります。それを冷水で割ると梅ジュースになります。

『白加賀梅』のジュースは家庭でも簡単に作れます。ビンに梅と氷砂糖を入れておくと梅エキスが出て来ます。日に一度ビンを揺すって1〜2週間置いておくと梅シロップが出来上がります。それを冷水で割ると梅ジュースになります。

よく冷えた梅ジュースはさっぱりとした口当たり。卸売場に一服の清涼感をもたらしました。よく冷えた梅ジュースはさっぱりとした口当たり。卸売場に一服の清涼感をもたらしました。
 
お客様と梅の産地状況について話をされる堀口会長。お客様と梅の産地状況について話をされる堀口会長。
梅ジュースとともに白加賀梅のレシピやティッシュ等も配布されました。梅ジュースとともに白加賀梅のレシピやティッシュ等も配布されました。
 
本年産は雹害を受けて傷のある物も出ていますが、梅酒や梅ジュースに加工する分には問題ありません。本年産は雹害を受けて傷のある物も出ていますが、梅酒や梅ジュースに加工する分には問題ありません。

 

商品情報

 

品名 白加賀梅
産地 群馬県
出荷者 JAはぐくみ 他
主な出回り期間 5月下旬〜6月中旬

 

白加賀梅

 本年産の作柄について群馬県共計生梅運営委員会の堀口会長は「5月上旬の降雹被害により、出荷量は前年より減少の見込みです。例年より下等級品率が高くなりますが中身は良い仕上がりですので、変わらぬご愛顧を賜りますよう、ご理解ご協力のほどお願い致します。」とお話しくださいました。

 

  • 野菜第3事業部:小川
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ