東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 千葉県産『野菜・果実』夏の陣2019
トピックス一覧

2019年6月25日
千葉県産『野菜・果実』夏の陣2019

〜夏は目前、千葉県産青果物が勢揃いしての販売出陣式
【21日開催】

 

6月21日(火)、東京青果卸売場にて千葉県産 野菜・果実「夏の陣」が開催されました。

6月21日(火)、東京青果卸売場にて千葉県産『野菜・果実』夏の陣が開催されました。

 千葉県では夏の時期に枝豆やメロンなど、多くの夏野菜・果実を産出しています。これから暑くなり、夏野菜・果実の旬を迎えるにあたって、試食を通じた県産青果物のピーアールと有利販売に向けた決起が行われました。

 

ご挨拶いただいた産地代表者

千葉県園芸協会 間渕 誠一 理事長

千葉県農林水産部 穴澤 幸男 流通販売担当部長

 

千葉県園芸協会 間渕理事長

千葉県園芸協会 間渕理事長

千葉県は野菜の産出額が全国3位、果実も全国上位と多くの青果物を産出しております。本日は千葉県の夏野菜・果実のピーアールということで参りました。自身もJAちばみどりの組合長をつとめており、生産者が一生懸命に美味しい農産物を作るため努力している姿を見ております。今後も関係機関と連携して千葉県産の青果物をお届けできるよう取り組んで参りますのでよろしくお願い申し上げます。

 

 千葉県自慢の夏野菜・果実がいよいよ旬を迎えます。本日は生産者が丹精込めて作った品々を取り揃えました。中には農薬や化学肥料を減らし、県が「ちばエコ農産物」として認証したものや、「ちばGAP」を取得した小松菜も揃えております。これからも東京に一番近い産地として、新鮮で美味しく安全な野菜・果実をお届けして参りますので益々のご愛顧をお願い申し上げます。

千葉県農林水産部 穴澤部長

千葉県農林水産部 穴澤部長

 

ご来場いただいたJA
JAちば東葛
JAとうかつ中央
JAいちかわ
JA千葉みらい
JAちばみどり

 

全農千葉県本部の木村県本部長(上段左)が音頭を取り、千葉県産夏野菜・果実の好調な販売を祈念した鬨の声が「エイ エイ オー!」と威勢良く上げられました。

全農千葉県本部の木村県本部長(上段左)が音頭を取り、千葉県産夏野菜・果実の好調な販売を祈念した鬨の声が「エイ エイ オー!」と威勢良く上げられました。

 

会場風景

 

夏野菜・果実でも全国有数の産地となる千葉県。豊富な品揃えが自慢です。

夏野菜・果実でも全国有数の産地となる千葉県。豊富な品揃えが自慢です。

「とうもろこし」と「枝豆」のガーリック炒めが試食に提供されました。夏野菜として売場での存在感が増している2品目です。

「葉しょうが」はめんつゆで味付けされた物と、味噌を付けて食べる2つの食べ方で提供。「葉しょうが」はめんつゆで味付けされた物と、味噌を付けて食べる2つの食べ方で提供。
 
アムスメロンやタカミレッドメロンも試食に並び、お客様は豊かな甘さと香りを堪能されました。アムスメロンやタカミレッドメロンも試食に並び、お客様は豊かな甘さと香りを堪能されました。
「ちばGAP」は、食品安全や環境保全、労働安全の確保に取り組んだ農場を千葉県が確認し、評価・認証する仕組みです。「ちばGAP」は、食品安全や環境保全、労働安全の確保に取り組んだ農場を千葉県が確認し、評価・認証する仕組みです。
 
「ちばエコ農産物」は化学合成農薬と化学肥料の使用が通常の1/2以下、審査を栽培前と収穫前に行うなど環境保全と食の安心・安全に配慮した千葉県独自の認証制度です。「ちばエコ農産物」は化学合成農薬と化学肥料の使用が通常の1/2以下、審査を栽培前と収穫前に行うなど環境保全と食の安心・安全に配慮した千葉県独自の認証制度です。

 

商品画像

メロン
なす・赤ピーマン・いんげん
八街西瓜

枝豆
とうもろこし
富里スイカ

たべたい菜
人参・馬鈴薯
ししとう

はぐらうり
葉しょうが
小ねぎ

 

  • 野菜事業部 各部 果実:果実3部
  • 市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ