東京青果株式会社

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > JA新潟みらい『すいか』トップセールス
トピックス一覧

2019年6月25日
JA新潟みらい『すいか』トップセールス
〜これから出荷ピークを迎える新潟産すいかをご賞味あれ!


シャリ感のあるJA新潟みらいの『すいか』をよろしくお願いします!

 6月25日(火)東京青果卸売場において新潟産『すいか』のトップセールスが開催されました。

新潟市の中原八一市長、JA新潟みらい経営管理委員会の梨本勉会長、JA全農にいがたの関係者の方々が来場され、出荷ピークを迎える『すいか』のピーアールを行いました。


産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者

新潟市 中原 八一市長

JA新潟みらい 梨本 勉 経営管理委員会会長

 


新潟市 中原市長

 本日は新潟の名産である『すいか』をご紹介させて頂くためにJA新潟みらい、JA全農にいがたの皆さんと参りました。新潟と言えば米どころではありますが、園芸にも力を入れており『すいか』の生産性の向上に努めています。新潟は日本海側の砂地と高温・少雨のため大変美味しい『すいか』を生産することができる産地です。市場関係者の皆様に新潟産『すいか」を多くの方々に勧めていただければ幸いです。

 


JA新潟みらい 梨本会長
今日は新潟市中原市長と一緒にこれから最盛期を迎える『すいか』のPRに参りました。今年は天候に恵まれ、糖度も高く美味しい『すいか』に仕上がっています。夏に向かって我々も精一杯出荷して参りますので、多くの皆さんに食べて頂くためにより多くのお取扱いをお願い致します。

 

 

会場風景

 


カービングされた『すいか』を見てお客様と談話される梨本会長。

 


「今年も新潟産『すいか』食べてください!」JA全農にいがたの堀川さん

お客様と情報交換をする小林場長と販売担当の佐藤。

夏だ!西瓜だ!
新潟Da!

中原市長は初めて大田市場での『すいか』PRとなりました。

JA全農にいがた神林園芸部長もお手伝い。「シャリ感のある『すいか』いかがですか?」

 

商品情報

 

商品名 すいか
産地 新潟県
出荷者 JA新潟みらい
出回り期間

6月下旬〜7月中下旬

 

 

本年の作柄について、JA新潟みらい 小林場長は、「今週末においてトンネル物が出荷ピークに入り、露地物に関しては「海の日」前後に出荷ピークを迎えます。出荷中心は2Lで天候に恵まれ出荷量も多くあります。砂地で作ったシャリ感のあるJA新潟みらいのすいか宜しくお願い致します。」と、お話しくださいました。

 

  • 果実第2事業部 佐藤
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ